このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

川越百景 8月

最終更新日:2017年8月2日

季節ごとの川越百景おすすめポイントを紹介します

川越氷川神社(宮下町二丁目)

 川越氷川神社は、川越の総鎮守として篤い崇敬を集め親しまれてきました。創立は西暦541年、武蔵国足立郡氷川神社(現在の大宮氷川神社)を分祀したと伝わっています。また、入間川で夜な夜な光るものがあり、これを霊光として勧請したともいわれています。
 主祭神である素戔嗚尊(すさのおのみこと)と妃である奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、両親である脚摩乳命(あしなづちのみこと)と手摩乳命(てなづちのみこと)の2組の夫婦神、また子にあたる大己貴命(おおなむちのみこと)は出雲大社の縁結びの神様でもあることから、家族関係にある5柱の神々を祀る家族円満・縁結びの神様として知られ、若者や外国人参拝者にも人気の場所となっています。

氷川神社の大鳥居
川越氷川神社大鳥居

縁結び風鈴の様子
縁結び風鈴

氷川神社の地図
氷川神社地図

古谷から南古谷に広がる田園風景(古谷から南古谷地区)

 川越線に沿った古谷から南古谷にかけては、遥か彼方まで電柱一本無いという広大な水田が広がっています。水田の彼方には、屋敷林が連なりエッジとなって青空と一線を画しています。
 この水田の実りが古尾谷庄13ヶ村に富をもたらし、古尾谷八幡神社の荘厳な社殿を建てた源となっています。

田園風景
古谷から南古谷に広がる田園風景

古尾谷八幡神社の様子
古尾谷八幡神社

地図
緑の枠内に田園風景が広がっています

関連情報

お問い合わせ

都市計画部 都市景観課 都市景観担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5961(直通)
ファクス:049-225-9800

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る