このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

川越百景 11月

最終更新日:2017年11月6日

季節ごとの川越百景おすすめポイントを紹介します

中院の四季(小仙波町5丁目)

 中院は、寛永15年(1638)の大火により現在の地に移動し、本堂は享保18年(1733)の再建となります。中院境内は市指定史跡となっています。また、島崎藤村の義母、加藤みきの墓所がある縁で、藤村が義母のために建てた離れ座敷が黒門町(現新富町一丁目)から移築されており、茶室として活用されています。
 春に咲くしだれ桜も美しく、一年を通して参詣者の絶えない、川越市民にとっての憩いの場となっています。
 

中院の紅葉
中院不染亭前の紅葉

中院
中院門

春の中院の写真
春の中院

地図
中院地図

寺町通りとその界隈(仲町ほか)

 川越城下の町割りは寛永大火の後に行われましたが、この時に十ヵ町四門前も併せて位置付けられています。四門前のうち河越太郎重頼ゆかりの養寿院と、本堂の大きな唐破風が特徴である行伝寺の間が、現在のような通り抜けの道路となったのは戦後のことです。
 長喜院を挟み、寺院の間を抜けるこの道は、自然に寺町通りと呼ばれるようになりました。
 石畳の整備が人々を誘い、それぞれの門前に残る町家とともに町並みの界隈感が増しました。南の入口には、もろみの香り漂う醤油の醸造蔵と烏山神社があります。

養寿院前のイチョウの写真
養寿院のイチョウ

寺町通りの写真
寺町通り

地図
寺町通り地図

小江戸川越マラソン(池辺ほか)

 川越水上公園を起終点に開催される参加者1万人のスポーツイベントです。親子で楽しめるFun Run、10km、そして日本陸上競技連盟公認のハーフの3種目で競います。
 最大の特徴はそのコースで、田園地帯を抜け月吉陸橋にさしかかると、市街地を一望できます。その先、連雀町の交差点を北へ曲がると、昭和の町並みを経由して蔵造の町並みへ。Fun Runのゴールは市役所。さらに川越氷川神社をお参りして東明寺の前を通り、再び郊外へ。田園風景を眺めながらゴールの水上公園へと向かいます。
 沿道には、川越百景に選ばれた所も数多くあります。

マラソンの様子
蔵造りの町並みを走る

関連情報

お問い合わせ

都市計画部 都市景観課 都市景観担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5961(直通)
ファクス:049-225-9800

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る