このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

南古谷駅周辺地区都市再生整備計画

最終更新日:2018年4月1日

都市再生整備計画事業とは

地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的とする制度です。
なお、平成22年度からは、社会資本整備総合交付金に統合され、同交付金の基幹事業である都市再生整備計画事業として位置付けられています。
都市再生整備計画事業及び社会資本整備総合交付金の概要については、下記のリンク先をご覧ください。

リンク

南古谷駅周辺地区都市再生整備計画の概要

面積

66.3ヘクタール

交付期間

平成30年度から平成34年度まで。

目標

大目標:南古谷駅周辺を地域核にふさわしい新たな都市機能の充実により魅力を高め、回遊性、利便性、及び安全性の向上を図り、地域の活性化及び賑わいを創出する。
小目標1:南古谷駅を拠点とした都市機能の充実、及び地域特性を生かしたコンパクトな市街地の形成
小目標2:都市計画決定されている都市計画道路及び駅前広場などの整備により、公共交通の安全性・利便性の向上を図り、交通結節点としての機能を強化
小目標3:南古谷駅周辺南北市街地の一体化による、地域の活性化、及び賑わいの創出

目標を定量化する指標(従前値⇒目標値)

指標1:本計画地区内の人口(6,309人⇒6,350人)
指標2:鉄道及び路線バスの利用者数(16,326人⇒16,400人)
指標3:駅改札口へのアクセス時間の短縮(6分⇒2分)

整備方針

方針1:南古谷駅を拠点とした都市機能が充実、及び地域特性を生かしたコンパクトな市街地の形成
方針2:都市計画決定されている都市計画道路及び駅前広場などの整備により、公共交通の安全性・利便性の向上を図り、交通結節点としての機能を強化
方針3:南古谷駅周辺の都市機能の充実したコンパクトで快適な居住環境を備え、鉄道により分断された南北市街地の一体化

交付対象事業

基幹事業

街路:(都)南古谷伊佐沼線
街路:市道0039号線
街路:南古谷駅南口駅前広場(市道4175号線)
街路:南古谷駅北口駅前広場(市道0039号線)
地域生活基盤施設:南古谷駅南北連絡自由通路
地域生活基盤施設:駅前広場情報板
高質空間形成施設:駅前広場公衆便所
高質空間形成施設:駅前広場乗降者用シェルター
高質空間形成施設:駅前広場歩道部カラー舗装

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市計画部 都市整備課 南古谷駅周辺整備担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5964(直通)
ファクス:049-224-8712

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る