このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

アスベスト含有調査補助制度

最終更新日:2017年4月1日

川越市では、建築物に吹付けられているアスベストの飛散による市民の健康被害を予防し、生活環境の保全を図るため、アスベストが含有されているおそれのある吹付け材の含有調査を行う場合、費用の一部を補助します。

お知らせ

平成29年度の申請期間については、4月3日から12月末日までです。

なお、実績報告については平成30年1月31日までに提出してください。

民間建築物吹付けアスベスト含有調査補助制度

主な要件

申請前に含有調査が終了したものについては、補助の対象となりません。

補助対象事業

  • アスベストが含有されているおそれのある吹付け材に係る調査(定性分析及び定量分析)

補助
対象
建築物

  • 川越市内の民間建築物
  • 明らかな建築基準法違反がない建築物
  • 同様の補助金の交付を受けていない建築物

補助
対象

  • 補助対象建築物の所有者又はマンションの管理組合

分析
機関

作業環境測定法(昭和50年法律第28号)第2条第7号に規定する作業環境測定機関のうちJIS A 1481の付属書の仕様に適合する装置及び機器を備える機関

調査者

建築物石綿含有建材調査講習を修了し、修了証明書の交付を受けた者

分析
方法

JIS A 1481「建材製品中のアスベスト含有率測定方法」を標準とする。ただし、厚生労働省等の公的機関が公表した方法でアスベストの有無及び含有率を測定できる場合は、これによることができる。

補助額

  • 含有調査に係る費用全額
    (注)上限25万円(1,000円未満の端数は切り捨て)
    (注)消費税仕入控除額が明らかな場合には、当該消費税仕入控除税額を減額した額。

申請前に含有調査が終了したものについては、補助の対象となりません。

補助金は年度予算に限りがありますので、年度の途中でも締め切ることがあります。

申請年度の3月10日までに請求書の提出がないと、補助金の交付ができない場合があります。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市計画部 建築指導課 建築指導担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5974(直通)
ファクス:049-225-9800

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

建築指導

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る