このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 政策・施策
  4. 川越市の教育行政
  5. 平成30年度「教育行政方針」について

本文ここから

平成30年度「教育行政方針」について

最終更新日:2018年5月10日

川越市・川越市教育委員会

本年第一回定例会の開会に当たり、平成三十年度教育行政方針につきまして申し上げます。

川越市教育委員会では、「生きる力と学びを育む川越市の教育」を基本理念とする第二次川越市教育振興基本計画に基づき、次代を担いたくましく生きる児童生徒を育てるため、各種施策を推進しております。
今、教育は、将来の予測が難しい社会の中でも、伝統や文化に立脚した広い視野を持ち、志高く未来を創り出していくために必要な資質・能力を、子どもたち一人ひとりに確実に育むことが求められています。
そのためには、一人ひとりの子どもが心豊かで健やかに育ち、将来に向けて自立できる力を身につけることができるよう、学校、家庭、地域が連携・協働し、それぞれが持つよさを生かしながら、子どもたちに生きる力と学びを育むことが大切です。教育委員会は、教職員が子どもたちと向き合い、子どもたちのよさを伸ばせるよう、また、活力ある地域を創ることや、本市の歴史文化の継承、文化芸術の振興を図ることができるよう、学校、家庭、地域への支援や、思いやりや生きがいの持てる社会の実現に努めてまいります。
川越市と川越市教育委員会では、第二次川越市教育振興基本計画の基本理念と、「次代を担いたくましく生きる児童生徒の育成」、「ふれあいと思いやりのある地域社会の実現」、「心豊かで生きがいを持てる市民社会の実現」の三つの目標に沿った五つの方向性を基本方針とし、毎年度、重点施策を定め、本市の教育行政を総合的かつ計画的に推進してまいります。

それでは、平成三十年度の教育行政の重点施策の概要につきまして、第二次川越市教育振興基本計画の五つの方向性に沿って申し上げます。

はじめに、方向性一の「生きる力を育む学校教育の推進」について申し上げます。

一つ目の重点は、「確かな学力の育成」でございます。
川越市教育委員会といたしましては、「学力向上」は大きな課題であると考えております。そこで、教育委員会と市立小・中学校が目標を共有し、計画的に取り組むための「川越市小・中学生学力向上プラン」においてモデル授業プランを確立させ、児童生徒の学力向上を図ってまいります。
また、各学校の学力向上の課題に対応するため、少人数指導や教師がゆとりをもって授業ができるよう、本市独自のオールマイティーチャー配置事業を引き続き推進してまいります。
更に、小中一貫教育モデル校研究を通して、校種間連携教育の更なる推進に向け、九年間を見通した教育課程の整備を進め、児童生徒の学力向上や豊かな心の育成に取り組んでまいります。
二つ目は、「グローバル化に対応する教育の推進」でございます。
新学習指導要領の全面実施を見据え、児童生徒の英語によるコミュニケーション能力を育成するため、英語指導助手配置事業の拡充を図るとともに、近隣大学との連携を進めてまいります。また、モデル校研究や研修を通して、教職員の指導力向上や指導方法の工夫改善を図ってまいります。
三つ目は、「情報教育の推進」でございます。
児童生徒の発達段階に応じて情報モラルを身に付けさせるとともに、論理的な思考力を育むプログラミング教育の実施に向け、準備を進めてまいります。また、学校の生活や学習においてICTを教職員が活用したり、児童生徒に活用させたりしながら、主体的な学びの充実を推進してまいります。更に、ICT環境を整備するため、タブレット型端末等の情報機器の導入や、校内無線LANの整備を計画的に進めてまいります。
四つ目は、「生徒指導の充実」でございます。
川越市教育委員会といたしましては、いじめの対応を喫緊の課題としてとらえており、いじめの未然防止と重大事態を防ぐために早期発見・早期対応と解決に向け、各学校と家庭・地域や関係機関と連携しながら進めてまいります。そこで、いじめの防止等のための施策を総合的かつ効果的に推進していくため、「川越市いじめの防止等のための基本的な方針」を改定いたします。
いじめの防止等のための学校支援の取組の一つとして、積極的な生徒指導を推進するため、オールマイティーチャーを各市立小・中学校の課題に応じて配置してまいります。
また、児童生徒へのきめ細かな指導・支援のため、引き続き生徒指導推進員を派遣するスクールボランチ作戦事業の充実を図るとともに、子どもたちをインターネット上におけるいじめ等から守るため、いじめ通報システムを含めたネットパトロール事業を引き続き実施してまいります。
更に、依然深刻な不登校児童生徒の支援や対応としてオールマイティーチャー、スクールボランチの活用をはじめ、さわやか相談員の配置や学生支援員の派遣を引き続き実施するとともに、社会福祉等の専門的な知識・経験を有するスクールソーシャルワーカーを拡充し、誰もが相談しやすい体制の充実を図ってまいります。
併せて、校種間連携を深め、小学校から中学校へ滑らかに接続できるようにし、いじめや不登校の防止に努めてまいります。
五つ目は、「教職員の資質向上」でございます。
教職員の資質向上は、教育の根幹をなすものであります。実践的な指導力のある教職員を育成するため、十年経験者研修に代わり中堅教員等資質向上研修を新設します。更に、教職員の経験や今日的な課題に対応した研修を実施し、情熱と愛情をもち、教育の不易と流行を確実に身に付けた教職員を育てるとともに、若手・中堅教員等の教育に対する識見を高め、学校運営の推進者となる人材の育成に取り組んでまいります。
六つ目は、「学習環境の整備・充実」でございます。
老朽化している小・中学校施設につきましては、大規模改造工事やトイレ改修工事等、計画的な整備を推進し、教育環境の改善を図ってまいります。また、平成三十年度中に全ての小・中学校の普通教室にエアコンを設置いたします。
経済的な理由により就学が困難な児童生徒の保護者に対しては、引き続き就学援助を行ってまいります。
七つ目は、「学校給食の充実」でございます。
アレルギー対応食の提供を開始するとともに、地場産野菜の使用率を高めるなど、安全・安心でおいしい給食を提供してまいります。
また、学校給食センターにつきましては、施設の適正な整備・運営に取り組んでまいります。
八つ目は、「市立川越高等学校の改革・充実」でございます。
市立川越高等学校の施設設備の整備、改修を計画的に進め、よりよい教育環境を整えるとともに、生徒の能力の育成を図り、魅力ある学校づくりを推進してまいります。

次に、方向性二の「活力ある地域を創る生涯学習の推進」について申し上げます。

一つ目の重点は、「家庭への支援」でございます。
幼稚園・保育園や小・中学校等の保護者を対象に、子どもの成長・発達段階に応じた家庭教育に関する学習機会を提供してまいります。
また、学童保育事業につきましては、施設の整備、改修を計画的に進め、安全・安心な学童保育に努めてまいります。
二つ目は、「地域の教育力の向上」でございます。
子どもたちが、地域社会で健やかに育っていくため、学校・家庭・地域の連携・協働により、地域ぐるみの教育を推進し、子どもサポート事業等における活動の充実に努めることで、学校や地域における子どもたちの学びを支援するとともに、家庭や地域の教育力を高める取組を推進してまいります。
三つ目は、「生涯学習を推進する基礎づくり」でございます。
市民の多様な学習要求に応えるため、「ウェスタ川越」内の市民活動・生涯学習施設において、各種講座を実施してまいります。
また、市民の生涯学習活動を支援するため、市民や関係機関と連携した事業の推進を図ってまいります。
四つ目は、「身近な学習施設の整備・運営」でございます。
仮称霞ケ関西公民館につきましては、施設の完成に向けて、建設工事を計画的に進めてまいります。
また、仮称西公民館につきましては建設に向けた検討を進めるとともに、霞ケ関北公民館につきましても移転に向けた事業の推進に努めてまいります。
既存の公民館につきましても施設の整備・充実に努めるとともに、公民館運営審議会からの提言を踏まえ、身近な社会教育施設として、誰もが利用しやすい運営に努めてまいります。
五つ目は、「市立図書館の充実」でございます。
地域資料のデジタル化を推進し、情報提供サービス機能の充実を図ってまいります。
また、市民の多様な学習活動を支援する講座や講演会等の事業を推進いたします。
六つ目は、「博物館の整備・充実」でございます。
現在、国の指定に向けて手続きを進めております山王塚古墳について、その歴史的価値を広く理解していただくための展示を行います。
蔵造り資料館につきましては、入館者の安全を確保するため、耐震補強工事を引き続き進めてまいります。

次に、方向性三の「歴史文化の継承と新しい市民文化の創造」について申し上げます。

一つ目の重点は、「文化財の保護」でございます。
貴重な歴史的財産である文化財を後世に残し、伝えていくために、文化財調査等を実施し、文化財指定等による保護を行ってまいります。
また、市内に所在する文化財を保存、活用していくため、国指定史跡河越館跡などの整備及び日本遺産の認定を目指すとともに、山王塚古墳の国指定に向けて、手続きを進めてまいります。
重要無形民俗文化財「川越氷川祭の山車行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことから、その名にふさわしい行事として今まで以上に保存活用と後継者育成を支援してまいります。
二つ目は、「文化芸術の振興」でございます。
ウェスタ川越大ホール等を活用し、二音大クラシック・コンサートや川越市総合文化祭など、市民団体等との連携・協働により、各種文化芸術事業を実施してまいります。
三つ目は、「美術館の充実」でございます。
生誕百年、没後二十年を迎える川越市名誉市民・故相原求一朗氏の特別展を開催いたします。

次に、方向性四の「多文化共生と国際交流・協力の推進」について申し上げます。

重点は、「国際感覚に優れた市民の育成」でございます。
地域が一体となって国際化に取り組むため、国際理解講座を開催するなど、担い手となる市民の育成に努めるとともに、市民団体等と連携を取りながら、地域の国際化を推進してまいります。

次に、方向性五の「生涯スポーツの推進」について申し上げます。

一つ目の重点は、「スポーツ活動の推進」でございます。
身近な地域で誰もがスポーツ活動に親しむことができるよう、引き続き総合型地域スポーツクラブの設置及び育成について推進してまいります。
また、市民の皆様が気軽にスポーツに親しむ機会を確保できるよう、生涯スポーツフェスティバルや小江戸川越ハーフマラソンなど、魅力あるスポーツ大会や教室等を実施してまいります。
二つ目は、「スポーツ環境基盤整備」でございます。
多様化する市民の皆様のニーズに対応したスポーツ指導者を育成するため、各スポーツ団体を支援してまいります。
また、スポーツ活動の場を確保するため、スポーツ施設の整備・充実に取り組んでまいります。
なお、生涯スポーツの推進につきましては、文化スポーツ部を中心に関連部署との連携を深め、進めてまいります。

以上が、平成三十年度教育行政方針でございます。
施策の推進に当たり、議員各位並びに市民の皆様の御支援と御協力を賜りますようお願い申し上げます。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 教育総務課 企画調整担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6074(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る