このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 人権・男女共同参画
  4. 男女共同参画
  5. 性的少数者への理解を深めましょう

本文ここから

性的少数者への理解を深めましょう

最終更新日:2019年5月31日

性の3要素とは?

性について理解するには、次の3つの要素の組み合わせで考えます。

  1. 「身体の性」:生物学的な性
  2. 「性自認」:自分がどの性別であるかの認識。「心の性」ともいう。
  3. 「性的指向」:恋愛感情や性的な関心がどの性別に向かうかの指向

性的少数者「LGBT」とは?

「LGBT」という言葉を聞いたことがありますか?

社会には男性と女性いずれかの性に当てはまる人だけでなく、「身体の性」と「心の性」が一致しない人や、同性を好きになる人がいます。
そうした社会的には少数となる性的少数者を表す総称の1つに、代表的な性的少数者の頭文字をとって作られた「LGBT」という言葉があります。

L:レズビアン(女性の同性愛者)
G:ゲイ(男性の同性愛者)
B:バイセクシュアル(両性愛者)
T:トランスジェンダー(「身体の性」と「心の性」が一致しない人)

  • LGBTのうち、LGBは性的指向に、Tは性自認に関わるものです。

このほかにも、X:エックスジェンダー(性自認が中性又は性別を決めたくない人)や、A:アセクシュアル(他人に恋愛感情を抱かない人)など、さまざまな人がいます。

民間企業等による調査では、人口の約5パーセントから8パーセントがLGBTに該当するという結果が出ています。「私の周りにはいない」と感じる人も多いと思いますが、差別や偏見を受けることを恐れ、自分が性的少数者であることを秘密にしたまま生きている人も少なくありません。

すべての人が個人として尊重されるよう、多様性を認め合い、誰もが自分らしく生き生きと暮らせる社会の実現を目指し、多様な性のあり方について理解を深めましょう。

性的少数者はこのようなことに困っています

性的少数者の方々は、周囲の理解不足や偏見などにより、生活の中でさまざまな困難に直面しています。

困難の例

  • 自分の悩みを家族や友人に相談できない
  • 周囲から偏見の目で見られる
  • 同性パートナーの法的保障がない
  • 法律や制度が前提としている性別規範
  • 男女別の服装やトイレ

川越市における取組状況

川越市では、「第五次川越市男女共同参画基本計画」に明記された施策「性的少数者への理解の促進」に基づき、次のような取組等を行っています。

  • 市の申請書等における性別記載欄の見直し
  • 国民健康保険被保険者証の氏名及び性別の記載についての取扱い
  • 市が管理する庁舎等の多目的トイレの案内表示の掲示
  • 性的少数者への理解の促進に関する講座の実施
  • 川越市男女共同参画情報紙「イーブン」への掲載

(平成28年3月、平成30年3月、平成30年11月発行分)
新規ウインドウで開きます。川越市男女共同参画情報紙「イーブン」

相談窓口について

埼玉県等の相談窓口


東京弁護士会
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。セクシュアル・マイノリティ電話法律相談(外部サイト)
電話:03-3581-5515
一般社団法人社会的包摂サポートセンター
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。よりそいホットライン(外部サイト)
電話:0120-279-338
性的マイノリティの相談は、ガイダンスにそって#4を押してください。
埼玉県男女共同参画推進センター
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。WithYouさいたま(外部サイト)
電話:048-600-3800
埼玉県立精神保健福祉センター
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。来所相談の予約(外部サイト)
電話:048-723-6811
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。埼玉県こころの電話(外部サイト)
電話:048-723-1447
埼玉県総合教育センター
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。よい子の電話教育相談(外部サイト)
電話(こども用):0120-86-3192(または#7300)
電話(保護者用):048-556-0874


埼玉労働局
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。総合労働相談コーナー(外部サイト)
電話:048-600-6262
埼玉県労働局
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。雇用環境・均等室(外部サイト)
電話:048-600-6210

市の相談窓口

専門の相談窓口ではありませんが、次の相談窓口でお話をお伺いしています。
相談は無料、秘密は厳守いたします。

男女共同参画課

女性相談
電話:049-224-5723

  • 女性のあらゆる悩み、DVに関する相談など
  • 月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く)
  • 午前9時から正午
  • 午後1時から午後5時

男女共同参画推進施設(ウェスタ川越3階)

カウンセリングルーム
電話:049-224-5723(受付:男女共同参画課)

  • 心や体、生き方、家庭、職場等、女性のさまざまな悩みの相談
  • 第2、第4木曜日(予約制)
  • 午前10時から午後4時

保健予防課

精神保健相談
電話:049-227-5102

  • アルコール依存、うつ、ひきこもりなど、精神保健についての相談
  • 月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く)
  • 午前8時30分から午後5時

教育センター分室(リベーラ)

教育相談

  • 面接相談(予約制)

電話:049-234-8333

  • 電話相談

電話:049-234-8335

  • いじめ・不登校についての相談、学習・発達についての相談、養育・しつけ等についての相談など、
  • 教育に関する相談(小学生・中学生とその保護者の方が対象)
  • 月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く)
  • 午前9時から午後5時

こども家庭課

家庭児童相談
電話:049-224-5821

  • 子どもたちの養育に関する相談
  • 月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く)
  • 午前9時から午後4時

ひとり親家庭相談
電話:049-224-5821

  • ひとり親家庭の生活全般についての相談
  • 月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く)
  • 午前9時から午後5時15分

広聴課

市民相談
電話:049-224-5022

  • 一般・行政相談、法律相談、税務相談、行政書士相談など各種相談
  • 各月ごとに広聴課の相談案内を参照(それぞれ、日時、会場等が違います)
  • 一部予約制

さいたま地方法務局川越支局

人権相談
電話:049-243-3824

  • 人権問題か迷う場合、法律上どうなるかわからない時の相談
  • 月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く)
  • 午前8時30分から午後5時30分

お問い合わせ

市民部 男女共同参画課 男女共同参画担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5723(直通)
ファクス:049-224-6705

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る