このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

税金の期限内納付にご協力を

最終更新日:2018年10月15日

税金は、行政を円滑に運営し、行政サービスを提供するための大切な財源です。税金の期限内納付にご協力をお願いします

市税は生活を支える貴重な財源です

納付された市税は、子育てや福祉・健康づくり・教育・環境・防災・防犯などの事業に使われ、皆さんの毎日を支えています。もし、市税の納付がないと、市の財源が不足し、行政サービスの低下につながります。また、納税者の公平性を損なうほか、滞納に伴う処分等で経費と時間を要し、さらに税金が費やされることになります。

納付は期限内に

納税は国民の義務であり、税金の納付は期限内の自主納付が原則です。期限内に納付がないときは、延滞金が掛かり、差し押さえなどの滞納処分の対象になります。納期限をしっかり守りましょう。

口座振替をお勧めします

口座振替なら、窓口に行く手間や税金の納め忘れがなく、便利で確実です。ご希望の方は、納税通知書にある口座振替依頼書に必要事項を記入し、銀行届け出印を押印の上、収税課(本庁舎2階)・市民センター・取引先金融機関のいずれかの窓口に提出してください。

コンビニ納付をご利用ください

バーコードが印字された納付書は、期限内であれば全国の主要なコンビニエンスストアを利用して、24時間いつでも市税などを納めることができます。手数料は掛かりません。

期限内納付に向けて

特別徴収の推進

市税の納め忘れを防ぐため、事業主が毎月の給料を従業員に支払う際に、住民税を給与から差し引き、まとめて納付する「特別徴収」を推進しています。

租税教室

税について知ってもらうために、市内小中学校・高校で租税教室を実施しています。

滞納のまま放置すると

納期限の翌日から完納の日までの日数に応じた延滞金を加算し納付することになります。期限内に納付がない場合、法律に基づいて督促状などを発送します。それでも納付や納税相談がない場合は、市の徴税吏員が財産の調査を行い、差し押さえた後、財産を換価し、その金額を滞納市税に充てます。
(注記)徴税吏員には、法律により、滞納者の財産の調査や差し押さえを行う権限が与えられています。

滞納整理の流れの図。1.督促・催告、2.財産調査・捜索、3.財産差し押さえ、4.換価

督促状・催告書等が届いたら

督促状・催告書等には、未納となっている税目・期別・納期限・税額等が記載されています。督促状・催告書等が届いた場合は必ず内容をご確認ください。
(注記)金融機関等で納付してから入金確認までに、日数を要するため、行き違いとなる場合がありますので、ご了承ください。

平成29年度決算状況

  • 市税の収入率:98.95パーセント
  • 国民健康保険税の収入率:90.79パーセント
  • 差し押さえの件数等:815件(うち預貯金・給与等の債権は748件)
  • 不動産の公売:4件
  • 捜索:3回

納税QアンドA

よくある質問にお答えします。

Q1.承諾なしに財産を差し押さえてもいいのですか?

税金等を滞納すると、法律で与えられている調査権限に基づきすべての財産を調査します。調査を受ける勤務先の事業所、金融機関などの関係機関は、これに協力しなければなりません。
また、法律では、納期限が過ぎた後、督促状を発送して10日を経過した日までに完納しない場合は、差し押さえをしなければならないと定められています。財産調査および差し押さえには、本人の承諾は必要ありません。税の公平性を保つために、やむを得ず財産の差し押さえを行います。

Q2.少額の滞納でも差し押さえすることはありますか?

滞納額の大小にかかわらず差し押さえを行います。少額であっても滞納に変わりはありません。財産調査の上、差し押さえを行います。

Q3.借金があるから税金を払えません。

法律では、税金はすべての債務(借金を含む)に優先すると定められています。個人の借金よりも税金の支払いが優先されます。

お問い合わせ

財政部 収税課 収税第一担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5691(直通)
ファクス:049-226-2538

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る