このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

軽自動車税Q&A

最終更新日:2018年4月4日

登録するには?

Q 原付バイクのナンバーがほしいのですが、どうすればよいですか。

A 登録の手続きは、市民税課の窓口で行ってください。登録時の持ち物については、ホームページの中の軽自動車税を参考にしてください。

廃車するには?

Q もう、原付バイクに乗らなくなったので廃車したいのですが、どうしたらよいですか。

A 軽自動車税は所有している車両にかかる税金ですので、乗っていなくても所有しているうちは廃車できません。

 

Q もう、原付バイクを手放した(廃棄・譲渡等)ので廃車したいのですが、どうしたらよいですか。

A ナンバープレート、所有者の印鑑を持参して、市民税課の窓口で廃車手続きを行ってください。廃車証明書を交付します。
 紛失、破損、処分などにより、お手元にナンバープレートがない場合は、印鑑と弁償金200円を持参してください。
 なお、軽自動車税の基準日は毎年4月1日です。4月2日以降に廃車しても、その年度の税金はかかりますのでご注意ください。

盗難にあったときは

 所有者の印鑑を持参して、廃車手続きを行ってください。
 また、盗まれたバイク、ナンバープレートを悪用されることもありますから、盗難にあったらすぐに最寄の交番に届でてください。廃車手続きの際に盗難被害届の受理番号、受理年月日を確認させていただく場合もあります。
 バイク、ナンバープレートが見つかったときには、再登録することもできます。

廃車したのに納税通知書がきた!

Q 私は、4月10日に友人に50ccバイクを譲ったのに納税通知書が送られてきました。もう、バイクは持っていないのに私が税金を納めなければならないのですか。

A 納めていただきます。自動車税には月割課税の制度がありますが、軽自動車税にはありません。軽自動車税は、毎年4月1日に所有している人に1年間の税金が課税されますので、今年度はあなたに納めていただくことになります。
 名義変更(廃車)の手続きをしていただかないと来年度以降もずっとあなたに課税されてしまいますので、必ず手続きをお願いします。

引っ越しをしたら?

Q 私は、原付バイクを持っています。最近、引っ越したのですが何か手続きをする必要がありますか。

A 川越市内で転居した場合と他の市区町村へ転出した場合で異なります。

川越市内での住所変更

 住民登録の転居届をだしてあれば、特に手続きの必要はありません。

他市町村(以下「A市」と呼びます)に転出

 方法が2通りあります。

  • 1)川越市で廃車してから、A市であらたに登録する。
    川越市には、川越市のナンバーと所有者の印鑑をお持ちください。廃車証明書をお渡ししますので、その廃車証明書と印鑑をA市役所に持参して、A市のナンバーの交付を受けてください。
  • 2)A市で川越市のナンバーの廃車とA市のナンバーの交付を同時に行う(市町村によってはできない場合もありますのであらかじめご確認ください)。
    A市に川越市のナンバーおよび標識交付証明書、所有者の印鑑をお持ちください。

名義変更(譲渡)をするには?

Q トラクターを知人に譲りたいのですが、どうすればよいですか。

A 川越市内の人に譲る場合と他の市区町村の人に譲る場合で異なります。

川越市内の人への譲渡

 ナンバーはそのままで、名義を変更します。
 譲渡証明書または前所有者の印鑑、新所有者の印鑑をお持ちください。

他の市区町村(以下「A市」と呼びます)の人への譲渡方法は2通りあります。

  • 1)川越市でナンバーを廃車してからA市であらたに登録する。
    川越市には、川越市のナンバーと所有者の印鑑をお持ちください。廃車証明書をお渡ししますので、譲渡証明書または前所有者の印鑑、新所有者の印鑑をA市役所に持参して、A市のナンバーの交付を受けてください。
  • 2)A市で川越市のナンバーの廃車とA市のナンバーの交付を同時に行う(ただし、できない市町村もありますのであらかじめご確認ください)。
    A市に、川越市のナンバーおよび標識交付証明書、譲渡証明書または前所有者の印鑑、新所有者の印鑑をお持ちください。

障害者の減免制度って?

Q 私は、軽自動車を持っています。家族に障害者がいるのですが、軽自動車税は減免されるのでしょうか。

A 次の軽自動車税等が減免の対象となります。

1.対象車両

 1-1障害者が所有する軽自動車等
 1-2障害者と生計を一にする者が所有する軽自動車等
 1-1、1-2のいずれかの軽自動車等で、障害者本人が運転し、また障害者と生計を一にする者が専ら障害者のために運転するもの。

2.対象者

 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方などで、一定の要件をみたす方。

 (注)減免台数は、障害者の方1人につき1台です。
 普通自動車の減免を受けた方は、軽自動車の減免は受けられません。普通自動車については、自動車税事務所にお問い合わせください。
 (注)申請期限は、納期限までです。それを過ぎると減免が受けられませんので、ご注意ください。
 (注)詳しくはホームページ内、軽自動車税の身体障害者等の減免を参考にしてください。

関連情報

お問い合わせ

財政部 市民税課 税制担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5637(直通)
ファクス:049-226-2540

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る