このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

川越市飼い主のいない猫の不妊・去勢手術に対する補助金交付制度について

最終更新日:2018年5月10日

制度概要

川越市では、飼い主のいない猫の繁殖抑制を図り、地域の良好な生活環境を促進するため、飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を実施する方に対して、その手術費用の一部を補助する事業を開始します。
事前相談と申請は、平成30年4月2日月曜日から受け付けます。なお、手術前の申請が必要です。電話・郵送等による申請はできません。受け付けは先着順で、第1期・第2期ともに、補助金が予算額に達した時点で終了します。

申請用紙配布場所

  • 川越市保健所(小ヶ谷817-1)1階3番窓口:食品・環境衛生課
  • ロコ動物病院(南通町8-9)
  • 小江戸どうぶつ病院(郭町1-10)
  • 武蔵野動物愛護病院(藤原町21-8)
  • 新宿犬猫病院(新宿町6-28-25)

(登録順)

対象となる猫

市内に生息し、飼い主がいないことを確認した猫(飼い猫は対象外)で、協力動物病院で不妊・去勢手術(併せて片耳にV字カット)を受ける猫

「片耳にV字カット」って?
一度不妊・去勢手術をした猫を間違ってもう一度捕獲しないためのしるしです。

申請できる方

川越市に住民登録がある方

補助金額

不妊手術(メス)=1匹につき7,000円
去勢手術(オス)=1匹につき4,000円
上記を限度額とし、手術費用が限度額に満たないときは、手術費用とします。

申請期間

第1期:平成30年4月2日月曜日から平成30年9月28日金曜日
第2期:平成30年10月1日月曜日から平成31年2月28日木曜日


協力動物病院については、下記ファイルをご覧ください。

ご利用の手引き

詳しくは、平成30年度飼い主がいない猫不妊・去勢手術に対する補助金交付制度ご利用の手引きをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 食品・環境衛生課 環境衛生担当(川越市保健所内)
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-227-5103(直通)
ファクス:049-224-2261

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る