このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

死亡一時金

最終更新日:2018年4月1日

 第1号被保険者として保険料を納付された方が亡くなられ、遺族基礎年金を受けられない場合、一定の遺族に支給されます。

死亡一時金を受給するための条件

死亡した方の条件

  • 国民年金第1号被保険者期間の保険料が、36月以上あるとき
  • 老齢基礎年金や障害基礎年金を受給したことがないとき

支給を受けられる方の条件

死亡した人の死亡当時、その人によって生計を維持されていた方のうち、以下の順位による上位者が対象となります。

  1. 配偶者
  2. 父母
  3. 祖父母
  4. 兄弟姉妹

死亡一時金の支給額

死亡一時金の支給額は、第1号被保険者期間の国民年金保険料を納めた期間に応じて決まっています。

納付期間 金額
3年以上15年未満 120,000円
15年以上20年未満 145,000円
20年以上25年未満 170,000円
25年以上30年未満 220,000円
30年以上35年未満 270,000円
35年以上 320,000円

備考1:一部免除期間の保険料納付がある場合、その免除区分に応じて計算した月を納付月数に含めることができます。
備考2:付加保険料納付済期間が3年以上の場合は、支給額に8,500円が加算されます。

手続に必要なもの

  • 死亡者の年金手帳
  • 印鑑(請求者)
  • 預貯金通帳(請求者)
  • 住民票(死亡者と請求者が印刷されたもの)
  • 戸籍謄本(死亡者と請求者の関係が確認できるもの)

(注)平成30年3月以降、死亡者のマイナンバーによる届出が可能となりました。マイナンバーを記載する場合、死亡
者のマイナンバーカードまたは番号確認書類(通知カードなど)が必要です。

請求者と死亡者が別の住民票である場合(詳しくはお問い合わせください)

  • 生計同一関係に関する申立書

手続場所

市役所(各市民センター、南連絡所でも可)または年金事務所

お問い合わせ

市民部 市民課 国民年金担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5764(直通)
ファクス:049-226-5091

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る