このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

再生可能エネルギー機器等補助金交付事業発電量定期報告書(平成29・30年度発電分)

最終更新日:2018年3月30日

再生可能エネルギー機器等補助金交付事業発電量定期報告書(平成29・30年度発電分)

川越市再生可能エネルギー機器等普及促進事業補助金交付要綱第13条の規定に基づき、川越市から補助金の交付を受けて太陽光発電システム及びエネファームを設置した皆さまを対象に、発電量等のご報告をお願いしています。
ご報告いただいたデータは、今後の川越市の補助事業における参考とさせていただきます。
また、定期的に発電量等を確認する習慣を身に付けることで、節電に対する意識がより向上するほか、万が一システムに異常が生じた際にはいち早く対応することができるなど、メリットがあります。

対象 1.平成28年度に補助金の交付を受けて太陽光発電システム及びエネファームを設置された方
2.平成29年度に補助金の交付を受けて太陽光発電システム及びエネファームを設置された方
期間 1.平成29年4月分から平成30年3月分までの一年間
2.平成30年4月分から平成31年3月分までの一年間
提出書類 発電量定期報告書
・提出は上半期と下半期の2回です
・報告書の様式は、このページ下欄のダウンロードからご利用いただけます
提出方法 郵送、FAX、電子メール

(注)対象となる方には、個別に文書にて提出を依頼しています。

定期報告書に記入する際の注意点

  • 太陽光発電システムとエネファームの両方の補助金を受けられている場合は、それぞれの機器について発電量の報告をお願いします。
  • 月毎の発電量は、ご自宅に設置されているモニターやパワーコンディショナー、蓄電池本体等の表示から直接読み取り、報告書にご記入願います。
  • 発電量の表示方法は、製品により異なりますので、取扱説明書や設置業者・メーカーへの問い合わせ等でご確認ください。
  • 発電量は、売電メーターや電力会社の検針票からは分かりません
  • 発電量の計測期間と、売電・買電の検針期間は、一致しなくても差し支えありません。
  • 「電力会社へ売った電力量」、「電力会社へ売った金額」、「電力会社から買った電力量」は、電力会社が発行する検針票で確認できます。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 環境政策課 地球温暖化対策担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5866(直通)
ファクス:049-225-9800

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る