このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

水道施設の耐震性能

最終更新日:2019年5月31日

川越市内には、8箇所の浄水場及び受水場があり、各々に配水池やポンプ井などの土木施設があります。また、市内には約1,477キロメートルの水道管が埋設されています。

配水池及び水道管の耐震化率(平成30年度末値)

配水池の耐震化率
全施設容量(立方メートル) 耐震化容量(立方メートル) 耐震化率
125,100※ 118,800 95.0パーセント

※施設容量は、休止中の施設を除いて集計しています。

水道管の耐震化率
水道管総延長(メートル) 耐震管延長(メートル) 耐震化率
1,476,898

316,545

21.4パーセント

平成30年度水道管工事事業費(約12.3億円)

耐震化に対する取組み

浄水場施設については、耐震診断の結果に基づき、必要とされる箇所について、耐震補強をしていきます。
また、水道管については、老朽化した管の更新や、機能上重要とされる基幹管路の更新の際には、すべて耐震性能を有する管を採用し、耐震性の向上を図っています。

耐震管延長及び耐震化率の推移 (各年度末値)
年度 水道管総延長(メートル) 耐震管延長(メートル) 耐震化率
平成29年度 1,472,963 302,985 20.6パーセント

平成28年度

1,467,359

283,577

19.3パーセント

平成27年度 1,462,453 263,258

18.0パーセント

平成26年度

1,453,622

239,320

16.5パーセント

平成25年度

1,447,437

216,825

15.0パーセント

注記:水は大切な資源です。節水にご協力をお願いします。

お問い合わせ

上下水道局 事業計画課 水道計画担当
〒350-0054 川越市三久保町20番地10
電話番号:049-223-0332(直通)
ファクス:049-223-3078

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る