このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

水道管の凍結に注意してください。

最終更新日:2018年12月6日

12月から2月にかけて、気温がマイナス4度以下(風当たりの強い場所はマイナス1度、2度)になると水道管が凍結して水が出なくなったり、水道管や水道メーターが破損したりする場合があります。(破裂事故になると修理に多額の費用がかかる場合があります。)

気温の低下に注意して、凍結防止に努めてください。

  1. 水道管がむき出しになっている場合(宅内へ向けての立ち上がっている水道管や給湯器等が多いです。)
  2. 水道管が北向きにある場合や日当たりの悪い場所にある場合(一軒家の外水道、2階や3階のベランダ水栓やマンションやアパートの共用栓など)
  3. 水道管が風当たりの強いところにある場合(住居自体が風当たりの強いところにある場合)

凍結防止の方法(水道管を凍らせないための工夫と水道メーターの破損の防ぎ方)

  1. 水道管に毛布などをかぶせ、ビニールで覆うか、発泡スチロールなどの梱包材で巻く。(水道管をむき出しにしない。)
  2. メーターボックス(水道メーターが入っている主に水色の蓋の箱です。水色でない場合もあります。)の中に乾いた布や発泡スチロールを詰めて外気に当たらないように保温してください。
  3. マンションの場合は、柱の中にあるメーターボックス内に発泡スチロールや乾いた布を入れたりして、メーターの破損を防いでください。(箱が金属で露出しているためメーターの凍結破損による漏水が多いです。)

水道が凍ってしまったら

自然に溶けるのを待ってください。
凍った部分にタオルをかぶせ、その上からぬるま湯をゆっくりかけて溶かしてください。
直接熱湯をかけると水道管や蛇口が破裂する場合があるので絶対にやめてください。

凍結で水道管が破裂してしまったら

  1. メーターボックス(水道メーターが入っている主に水色の蓋の箱です。水色でない場合もあります。)にある止水栓を閉めて(水道管に対して直交にする。)水を止めます。
  2. 破損した部分にテープ等を巻き応急手当てをして、水道工事店に連絡してください。
  3. 自宅を施工した水道工事店や川越市管工事業協同組合(電話番号049-224-4667)または、下記に掲載されている指定給水装置工事事業者へ依頼してください。

なお、修理費用は全額お客様のご負担となります。
また、凍結破損による漏水は減免の対象となりません。

お問い合わせ

上下水道局 給水サービス課 給水装置担当
〒350-0054 川越市三久保町20番地10
電話番号:049-223-3071(直通)
ファクス:049-223-3078

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る