このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定文化財 砂氷川神社のイヌツゲ

最終更新日:2015年1月3日

氷川神社イヌツゲ

名称  砂氷川神社のイヌツゲ
よみ  ひかわじんじゃのいぬつげ
種別  市指定文化財 天然記念物
員数  1株
所在地  川越市砂640
指定年月日  平成25年3月25日
所有者  氷川神社
備考  砂氷川神社境内の南西端にあるイヌツゲは、樹高5m、根回り9.12mから11.22mと推定される。根元から3本株立ちしている幹周りは、それぞれ104cm・85cm・104cmである。枝張りは、外周25.28m(直径8.05m)。樹齢に関しては、イヌツゲの年輪成長が極めて遅く、幹周りが104cmに達するまでには神社創建時の延享元年(1744)頃からと見ることができるため、270年程度と推定される。よく手入れがなされており樹勢良好。
 遊具が何もなかった昭和初期、このイヌツゲは子どもたちの格好の遊び場になっていたという。四方に張り出した太枝は木登りに都合がよく一本の枝に数人がまたがって遊んだことも度々あったという。
 イヌツゲは、常緑の低木で、通常の樹高は最大でも5m前後である。本州以南に普通に自生するが、県内産は通常樹高2から3mである。良く分枝し、雌雄異株。一般に湿気のある土壌を好み、半日陰を好むが、成木では乾燥・寒さ・日照にも耐え萌芽力も強い。砂氷川神社のイヌツゲは、際立つ大きさを誇り江戸期からの文化的伝承物としての価値が認められる。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 文化財保護課 管理担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6097(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る