このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定文化財 芳地戸のふせぎ

最終更新日:2015年1月3日

名称 芳地戸のふせぎ
よみ ほうじどのふせぎ
種別 市指定文化財 無形民俗
員数  
所在地 笠幡地区【地図】
指定年月日 昭和47年2月8日
所有者 尾崎神社
備考

毎年春の彼岸の中日(春分の日。3月20日または21日)に行われる悪魔祓いの行事である。
享保6年(1721)に疫病が流行したことから始まったといわれ、古式をよく伝えている。
行事当日は、午前中に尾崎神社境内で神輿と辻札を作る。
神輿は、わらの台座を作り、竹を渡して担ぎ棒とする。
その上に四角の木製の台を置き、中央にご神体を取り付ける。
台の縁にある15ヶ所の穴に榊の枝を挿し、その周囲に注連縄を回す。
台の四隅には樫の小枝をくくりつける。
辻札は陰陽2種あり、篠竹に御札をはさんだものと、紙垂と輪飾りをはさんだものがあり、先端に藁で作ったボンテンをつける。
午後は神社社殿でふせぎの祈祷を行うと、村回りの行列が出発する。
ふれ太鼓を先頭に、辻札を子どもたちが持ち「よーいど まだ まだ」とはやしながら進む。
各家の玄関口では、家人にお祓いをし、神社札を門口に貼る。
行列は早足で進み、2時間半ほどの行程である。
村回りが終わると、村の境9ヶ所に辻札を立てる。

開催情報

日時
平成30年3月21日(水曜・春分の日)
午前9時~(神輿作り)、午後1時~(式典)、午後1時20分頃~午後4時頃(村回り)
 
会場
尾崎神社(地図については所在地の項目をご覧ください)ほか
 
※当日は、天候等の事情により中止や日時の変更をする可能性があります。
※会場までは、公共交通機関をご利用ください。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 文化財保護課 管理担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6097(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る