このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定文化財 旧小山家住宅(住居棟、一番蔵、二番蔵、三番蔵、便所棟、稲荷社、門及び塀)

最終更新日:2016年6月14日

指定名称

旧小山家住宅(住居棟、一番蔵、二番蔵、三番蔵、便所棟、稲荷社、門及び塀)
(よみ)きゅうこやまけじゅうたく(じゅうきょとう、いちばんぐら、にばんぐら、さんばんぐら、べんじょとう、いなりしゃ、もんおよびへい)

員数

6棟4基

指定種別

市指定有形文化財・建造物

指定日・指定番号

平成27年11月20日・第236号

所在地

川越市幸町7番地8(蔵造り資料館)

文化財の概要

小山家は、煙草商を商い、明治26年(1893)3月17日の川越大火の際には、1ヶ月も経たない4月19日に上棟するという、ごく早期に復興した家である。
明治31年(1898)に煙草が国の専売が開始され、明治37年(1904)に製造販売から輸入まですべてが専売制となると「元売捌人」となった。昭和6年(1931)に1郡1営業所となった時も、指定営業所に指定されている。その後廃業し、昭和30年代には土地建物が手放された。そして、永らく空き家であったが、市民運動により保存されることとなり、昭和52年(1977)から「蔵造り資料館」として活用されてきた。
旧小山家は、土蔵群とレンガ塀、稲荷社が往事の商家の様相をよく伝えるとともに、敷地全体が一体となって防火に腐心している様子が読み取れる。また、明治の大火以前から大正時代の建築と推定される土蔵群、大火復興期から大正時代頃までのレンガ塀というように、各時代の特色を示す建造物群から構成されるとともに、川越の比較的上層の商家の様子を屋敷全体として伝えるものとして貴重である。

備考

「旧小山家住宅」は蔵造り資料館として公開されており、通りに面した店蔵と袖蔵は昭和56年に市指定文化財となっている。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 文化財保護課 管理担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6097(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る