このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定文化財 南田島の足踊り

最終更新日:2019年3月23日

名称 南田島の足踊り
よみ みなみたじまのあしおどり
種別 市指定文化財:無形民俗
員数  
所在地 南田島地区【地図】
指定年月日 昭和49年5月11日
所有者 南田島囃子連足踊り保存会
備考

南田島氷川神社の4月14日の春祈祷・7月14日の天王様、10月14日のオヒマチに奉納され、川越氷川祭でも演じられることがある。
南田島の囃子は堤崎流の系統であるが、他の囃子連にはない足踊りが継承されている。
人形を操る人があお向けに寝て、腰に座布団を当て、足先にオカメとヒョットコの面をつける。
着物の袖に手を通し、日傘や扇子などを持つ。
始めにオカメが登場し、しばらくしてヒョットコが現れると、オカメとの掛け合いをニンバの曲に合わせて演じていく。
演者は両手両足を高く上げ続け、かなりの体力が必要である。
もともとは藁に棒をさしこみ、手ぬぐいを男被りと女被りにして演じたといわれているが、明治時代初期に森田森之助(1857から1936)が、人形浄瑠璃を参考に、足人形に面をつけるようになったという。
その後、萩原泰治(1857から1936)と森田元次郎(1902から1969)が受け継ぎ、さらに改良を重ねて現在の形となった。

開催情報

日時
平成31年4月14日(日曜)
午後5時から午後7時頃(足踊り)
会場
氷川神社(地図については所在地の項目をご覧ください)

  • 当日は、天候等の事情により中止や日時の変更をする可能性があります。
  • 会場までは、公共交通機関をご利用ください。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 文化財保護課 管理担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6097(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る