このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

寺尾貝塚(第2次調査)

最終更新日:2015年1月3日

所在地

 川越市大字寺尾81の一部

調査期間 

 平成16年1月14日から2月20日

調査面積 

 366平行メートル

調査原因 

 集合住宅建設

調査の概要

 寺尾貝塚は川越市の南東、新河岸川右岸の台地上に位置する。発掘調査事例は少ないが、縄文時代前期の土器片や淡水産の貝類が採集され縄文時代前期の貝塚とされ、また古代の瓦が採集されていることから古代寺院の存在が推定されていた。
 今回は、遺跡範囲の北東部端が調査され、主に平安時代前期の建物跡が見つかった。特に出土遺物や遺構から、古代寺院の存在の可能性が一段と高まった。

  • 5号竪穴住居跡(9世紀)
    カマドの補強材として古代瓦片が出土。住居跡覆土からは緑釉陶器片も出土。
  • 掘立柱建物跡(9世紀)
    柱間2間×3間の北庇をもつ。北東角の庇の柱穴から須恵器の墨書土器出土。建物建築時の祭祀的な行為と考えられる。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 文化財保護課 調査担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6097(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る