このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

川越小学校の沿革

最終更新日:2015年9月7日

明治元年 旧川越藩が宮下町に青藍塾を開設する。
明治6年 学制発布の趣旨を体し、三芳野(士族)、北、鍛冶、相生の各学校を設置する。
明治14年 北、鍛冶両校を合併し、本町に川越学校を設置する。
明治19年 学制改革に伴い、三芳野、川越、志義、緑の四校を合して連合町立普育学校とする。
明治23年3月 普育学校を川越小学校と改称する。
明治26年3月 川越小学校を川越尋常小学校とする。
明治35年3月 川越尋常小学校を川越北尋常小学校とする。
明治38年 現在地に移転新築し、5月12日竣工式を挙行する。
大正11年12月1日 川越町、仙波村を合併し川越市とし、各市立学校となり、同日を開校記念日とする。
昭和2年4月 校名を川越第一尋常小学校とする。
昭和12年12月5日 木造校舎落成する。(2階建二棟、赤瓦葺)
昭和16年4月 国民学校令施行により、校名を川越第二国民学校とする。
昭和23年4月 六三制施行に伴い、校名を川越市立川越第二小学校とする。
昭和35年4月 校名を川越市立川越小学校とする。
昭和42年7月 プール竣工(第22回国民体育大会、埼玉大会記念)する。
昭和47年12月 校歌制定する。
昭和48年11月 体育館兼講堂落成する。
昭和50年8月 東校舎(鉄筋3階建)落成する。
昭和56年3月 新校舎(管理室・教室・特別教室)第一期落成する。
昭和56年11月 新校舎(全棟)第二期落成する。
昭和57年3月 正門・外柵・物置・体育小屋等付属施設完成する。
昭和60年3月 校庭改修工事完了する。
昭和63年9月 校庭に放送施設を設置する。
平成2年11月 ML空調設備を設置する。
平成4年6月 文部省調査研究協力校に指定される。(平成4・5年度)
(社会の変化に対応した新しい学校運営等に関する調査研究)
平成5年11月 文部省調査研究協力校発表会を開催する。
平成7年8月 管理棟(校長室、事務室、職員室)の空調設備を設置する。
平成8年11月 AET導入による国際理解教育が始まる。
平成11年3月 川越市災害備蓄庫が設置される。
平成11年6月 川越市教育委員会の研究委嘱を受ける。(平成11・12年度)
(主体的に活動する児童の育成)
平成12年10月 川越市教育委員会研究委嘱発表会を開催する。
平成13年10月 太陽光発電を設置する。
平成14年4月 文部科学省の事業「学力向上フロンティアスクール」に14年度から16年度指定される。
川越市教育委員会の研究委嘱を受ける。
人権教育推進の研究委嘱を受ける。
エコチャレンジスクールの指定を受ける。
平成15年6月 プール西側に防球ネット完成
平成15年12月 日本赤十字社から学校表彰を受ける
平成16年4月 人権教育推進の研究委嘱を受ける
平成16年9月 校庭南側、防球ネット完成。
平成16年11月 文部科学省・埼玉県教育委員会指定「学力向上フロンティアスクール」公開授業研究を開催する。
平成17年4月

「教育に関する3つの達成目標推進地域」研究協力校として埼玉県教育委員会より委嘱を受ける。
地域子どもサポート推進事業のモデル地区協力校の指定を受ける。
ベランダ、西壁面の緑化事業モデル校の指定を受ける。

平成22年8月 校舎の耐震工事終了。
平成23年1月

体育館の全面改修工事終了予定。

平成23年11月

川越市教育委員会研究委嘱発表会を開催(国語)

平成24年11月

彩の国教育ふれあい賞受賞

平成25年11月

川越市教育委員会・入間地区理科教育研究会委嘱研究発表(国語・理科)

平成27年11月

川越市教育委員会・埼玉県特別活動研究会・埼玉県理科教育研究会委嘱研究発表予定
(国語・理科・特別活動・特別支援学級生活単元・難聴言語通級指導教室グループ学習)

お問い合わせ

川越市立川越小学校
〒350-0053 川越市郭町1丁目1番地1
電話番号:049-222-0309(直通)
ファクス:049-229-1214

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る