このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

霞ヶ関小学校の校長あいさつ

最終更新日:2017年11月27日

 本校がある霞ヶ関地区は、明治22年、的場村と笠幡村、安比奈新田が合併し、「霞ヶ関村」となりました。本校開校は明治36年4月、翌年2月に村の中央である現在の場所に移転しました。学区内の多くの保護者の方や地域の方が本校の卒業生であり、教育活動に御支援、御協力をいただいております。

 さて、今年度本校は、104名の1年生を迎え、全校児童650名、23学級(内、特別支援学級4)でスタートいたしました。学校教育目標は、心豊かなたくましい子の育成に向け、霞ヶ関小学校の「か・す・み」の頭文字から、「かしこい子・すこやかな子・みりょくある子」を掲げ、教育活動を展開しております。また、目指す学校像は、「人を大切にする学校」といたしました。

 学校は、子どもが生活している場所です。本校には様々な教育形態にて、教育活動を展開しております。そのため、教職員も多く、一人一人に充実した教育機会を与えることができる学校です。一人一人の子どもたちの自己満足感を充満させることで、子どもたちは「学校が大好き」と言います。
 また、学校は集団生活の場でもあります。互いに協力して助け合うことや、学び合うことに意義があります。そこでは対話が求められ、挨拶は重要な鍵となるのです。挨拶なくして対話は始まりません。本校では、主体的、対話的な学びを推進し、すべての教科に、おいて、実践する取り組みを行っております。
 また保護者、地域の期待に応える学校づくりに向け、子ども一人一人に助け合うことのすばらしさや、学び合うことの喜びを学校で経験させてやり、夢がもてる子どもを育てていきたいと思っております。
 そこで、本年度の重点として、次の3点について取り組みます。
 1 「学校大好き」と言える子を育てます。
 2 あいさつができ、心豊かで規範意識をもった子を育てます。
 3 目標を持ち、わかる喜び、できる楽しさを味わう授業を行います。
 学校で様々な経験をした子どもが、将来常に自分を高めることを心掛け、社会のため、人のために尽力を惜しまない人間になることを期待し、全教職員が一丸となって、熱意・誠意・創意をもって教育にあたってまいります。

平成29年11月
川越市立霞ヶ関小学校 校長 山田勇

関連情報

お問い合わせ

川越市立霞ケ関小学校
〒350-1175 川越市笠幡177
電話番号:049-231-1303(直通)
ファクス:049-239-1089

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る