このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 市立小・中・高・特別支援学校
  4. 市立小学校
  5. 中央小学校
  6. 令和元年度 中央小学校 教育目標・経営方針・重点

本文ここから

令和元年度 中央小学校 教育目標・経営方針・重点

最終更新日:2019年4月24日

令和元年度:中央小学校 教育目標

学校教育目標

次代を担い たくましく生きる児童の育成

学校教育目標について

  • 次代を担うための資質とは(文部科学省第二次教育振興基本計画より)

「社会を生き抜く力の養成」
多様で変化の激しい社会の中で個人の自立と協働を図るための主体的・能動的な力

自立:一人一人が多様な個性・能力を伸ばし充実した人生を主体的に切り開く
協働:個人の多様性を尊重しそれぞれの強みを生かしてともに支え、高め合う
創造:自立・協働を通じてさらなる新たな価値を創造する

  • たくましく生きるとは

精神的なたくましさ
身体的なたくましさ

めざす児童像

【ゆたかな子】

  • かしこく(知)

主体的、対話的に学べる子
学び方を身につける子

  • なかよく(徳)

思いやりのある行動がとれる子
元気な返事やあいさつができる子

  • たくましく(体)

自分の健康と安全を守れる子
目標をめざし進んで運動する子

めざす学校像(ミッション)

児童一人一人のよさを活かし、その子その子の花を咲かせる中央小

めざす教師像(3Cの姿勢)

  • Challenge(チャレンジ):立志挑戦、高い志、学校経営参画、情熱、資質向上
  • Change(チェンジ):創意・工夫、改善、自己変革、目標と目的
  • Communication(コミュニケーション):共通行動、報・連・相、地域・保護者連携

学校経営方針

「児童一人一人に種を蒔き、その子その子の花を咲かせる教育」の推進

本年度の重点

1.安全・安心な学校づくりの推進

  • いじめ、体罰の根絶
  • 児童の見守り体制の強化
  • 日常安全点検、定期安全点検の徹底と迅速な対応
  • 保健教育、安全教育、防災教育の推進
  • フッ化物洗口の定着と虫歯予防

2.バランスのとれた学力・体力の向上とゆたかな心の醸成

  • 学力の二極化解消に向けた個に応じたきめ細かな指導の充実
  • 主体的な学び、対話的な学びによる深い学びの推進
  • 考え議論する道徳科の実践
  • 心を磨く無言清掃の徹底(我慢する力・見つける力・親切にする力)
  • 自己課題を明確にした体力づくりの実践

3.特別支援教育の充実に努める

  • 一人一人の児童が分かる、できる授業づくりの推進
  • 一人一人の児童にとって温かい学校、学級経営の実施
  • 一人一人の児童の実態とニーズに応じた校内支援体制の確立
  • ユニバーサルデザインに配慮した学習環境、学習指導

4.保護者・地域との連携を強める

  • 家庭及び学校における基本的な生活習慣の確立
  • 保護者との信頼関係の確立
  • 保護者の願いの受け止めと学校からの積極的な情報発信
  • 保護者会の充実
  • PTA・地域活動への積極的な参加、地域への配慮(落ち葉・通学路他)

5.チーム中央小としての組織力の発揮:3works(network、footwork、teamwork)

  • 報告・連絡・相談の徹底
  • 危機管理体制の充実(各種緊急マニュアルに基づく迅速的対応)
  • 組織を活かした学校研究の推進
  • 教職員事故皆無の環境となる風通しの良い職員室の創造

令和元年度学校課題研究(図画工作科)

研究主題

「見つめよう 子どもの心  育てよう 確かな力」
~自分の願いや思いを生かし、豊かな表現ができる児童の育成~

目指す児童像

  • 自分の願いや思いを生き生きと表現できる子
  • 作品のよさや個性を大切にし、認め合える子

研究目的

  • 自分の見方や感じ方を深め、自分の願いや思いを生き生きと表現する力を育成する。
  • 造形活動を通し、児童一人一人の感性を育み、互いのよさや個性を大切にし、楽しく豊かな生活を創造しようとする児童を育成する。

研究内容

  • 「見つめよう 子どもの心」とは、まず指導者が子どもたち一人一人の造形活動を共感的に見つめ、その姿の中に表れた子どもの「心」をしっかりと受け止めていく。
  • 「育てよう 確かな力」とは、子どもたちが自分の感覚や活動を通して、感性を働かせながら形や色をとらえる力、自己イメージを持つ力、自分の思いや願いを表現する力である。その確かな力を育てるために教師は、児童の一人一人のその子らしい「思い」を的確につかみ、その子の「思い」を共感的に受け止めるとともに、その子の「思い」に基づいた造形活動が豊かに表現できる教師の十分な手立てと評価の工夫をしなければならないと考える。

お問い合わせ

川越市立中央小学校
〒350-0042 川越市中原町1丁目25
電話番号:049-222-0310(直通)
ファクス:049-229-1215

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る