このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

川越市立川越高等学校 沿革

最終更新日:2015年1月3日

川越市立川越高等学校の歴史を紹介します。

和暦 事柄
大正15年 埼玉県川越商業学校設立認可
昭和2年 川越市郭町2丁目30番地に校舎完成、同24日移転
昭和3年 学則変更認可。修業年限5ヶ年、生徒定員250名
昭和13年 学則変更認可。生徒定員500名
昭和17年 埼玉県川越実科高等女学校設立認可。修業年4ヵ年、生徒定員200名。4月開校
昭和18年 埼玉県川越市立高等女学校と改称
昭和19年 戦時措置により、埼玉県川越市立工業学校に転換。修業年4ヵ年、生徒定員400名
昭和20年 学則変更認可。生徒定員400名
昭和21年 学則変更認可。修業年限5ヵ年、生徒定員500名。工業学校廃止、商業学校に復元
昭和23年 学制改革により、埼玉県川越市立高等学校設立認可
昭和25年 埼玉県川越商業高等学校と改称
昭和30年 現在地の校地買収(27,665平方メートル)
昭和34年 普通教室棟(鉄筋コンクリート4階建)着工、同12月落成
昭和35年 現在地へ移転
昭和36年 特別教室棟(鉄筋コンクリート4階建)着工、同12月落成
昭和37年 臨時学級増加認可。男女共学定員1,005名
昭和38年 臨時学級増加認可。男女共学定員1,200名
昭和40年 学級増加認可。男女共学定員1,350名
昭和41年 創立40周年ならびに体育館兼講堂落成祝賀式挙行
昭和42年 4教室増築工事(鉄筋4階建普通教室3、書道兼音楽の特別教室1)着工、昭和43年2月20日落成
昭和43年 昭和43年度入学志願者募集定員を男女共学441名
昭和44年 昭和44年度入学志願者募集定員を男女共学432名
昭和46年 昭和46年度入学志願者募集定員を商業科男女共学322名、事務科女子92名、合計414名
昭和47年 昭和47年度入学志願者募集定員を商業科男女共学315名、事務科90名、合計405名
昭和49年 特別教室増築工事(鉄筋3階建3教室)落成
昭和51年 生徒ホール兼食堂購買合宿棟増築工事(鉄筋3階建延894.28平方メートル)落成。「蒼穹館」と命名
昭和52年 格技場(鉄筋平屋建166平方メートル)落成
昭和54年 中央通路(鉄筋コンクリート2階建、延368.75平方メートル)完成
昭和57年 防球ネット(20メートル)完成
昭和60年 パソコン・ワープロ50台購入
昭和61年 創立60周年記念式典挙行
昭和63年 事務科(女子)を情報処理科(男女共学)に学科再編
平成元年 第1学年の事務科を廃止し情報処理科を開設
平成4年 HR棟管理棟及び商業科棟完成
平成5年 特別教室棟(鉄筋5階建)第2期工事着工
平成6年 第2期工事完了。第3期工事体育館着工
平成7年 体育館完成
平成9年 第4期工事完了。竣工式
平成11年 合宿棟1期内装改修完了
平成14年 合宿棟2期内装改修完了。川越市立川越高等学校と改称。普通科・情報処理科・国際経済科に学科再編
平成17年 防球ネット(西側高さ25メートル延長90メートル、南側高さ20メートル延長19.5メートル)完成
平成18年 創立80周年記念式典挙行

平成20年

普通教室空調設備稼働(4月1日)

お問い合わせ

川越市立川越高等学校
〒350-1126 川越市旭町2丁目3番地7
電話番号:049-243-0800(直通)
ファクス:049-247-6828

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る