このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

名細中学校 教育目標

最終更新日:2016年5月17日

校訓

感謝・勤労・協力

学校教育目標

「人権尊重の精神に基づく、人間性豊かな生徒の育成」

目指す生徒像

  • 夢を持ち自ら学ぶ生徒
  • 共に生きる心豊かな生徒
  • 健康でたくましい生徒

目指す学校像

「生徒が生き生きと活動し、家庭・地域から信頼される活気ある学校」

  • 安全・安心で、規律と温かみのある学校
  • 認め合い、高め合い、生徒が自己実現を図れる「居がい」のある学校
  • 家庭・地域との連携を深め、「確かな学力」と「豊かな心」を育む学校

目指す教職員像

「生徒、家庭、地域から信頼される魅力ある教職員」

  • 心身ともに健康で、人間性豊かな教職員
  • 深い教育的愛情と高い使命感をもつ教職員
  • 常に向上心をもち、高い専門性と指導力のある教職員

学校経営方針

チーム名細による更なる前進

  • 創意ある改善
  • 熱意ある指導
  • 誠意ある対応
  • 教職員の「わ」(和・輪・話)を大切にし、チームとして組織的教育活動を展開する。
  • 報告、連絡、相談を速やかに確実に行い、共通理解・共通行動により教育活動を展開する。
  • 「夢・挑戦・感動を大切にする教育」を推進し、子供の笑顔と意欲を引き出す。
  • 「子どもありき」の観点で創意工夫を生かした教育課程の編成、実施、評価に努め、生徒一人一人の出番のある授業を展開する。
  • 特別活動(生徒会活動、学校行事等)をはじめ全ての教育活動において生徒の主体的な活動を重視し、自信と誇りと愛校心を育む。
  • 小学校との連携強化を通して、学力向上と生徒指導の充実を図る。
  • 「凡事徹底」と「早い対応が信頼を生む」を念頭に教育活動を推進する。
  • 教職員の資質向上のために校内研修の充実に努める。
  • 安全安心で美しい教育環境の整備、充実に努める。
  • 家庭、地域社会との連携を深め、期待と信頼に応える教育活動を推進する。
  • 教育公務員としての自覚と誇りを持ち、服務の厳正を実践する。
  • ノー残業デーの徹底を図り、教職員の負担軽減に努め、健康管理に努める。

指導の重点

夢を持ち、自ら学ぶ生徒の育成

  • 学習規律の確立と掲示教育の充実を図り、落ち着いた潤いのある学習環境を整える。
  • ねらいが明確で、主体的でわかりやすく楽しい授業を実践する。
  • TTを充実させ、きめ細やかな指導を行い基礎学力の定着を図る。
  • ユニバーサルデザインの視点を取り入れたわかりやすい授業を展開し、学習意欲を喚起する。
  • キャリア教育を充実させ、夢を持ち、その実現に向けて学ぶ意欲を向上させる。

共に生きる心豊かな生徒の育成

  • 人権を尊重し、信頼関係に基づく教育活動を実践する。
  • 学級経営を基盤にした積極的な生徒指導を推進する。
  • 「時を守り、場を清め、礼を正す」(きっちり時間・みっちり清掃・元気なあいさつ)を基本に置いた指導を推進する。
  • 生徒指導の方針、基準に一貫性を持ち、共通理解、共通実践に努める。
  • 豊かな体験を通して内面に根ざした道徳性、道徳的実践力を育成する。
  • 通常学級と特別支援学級との交流と共同学習を充実させ、思いやりの心を育て、自他の大切さを自覚させる。

健康でたくましい生徒の育成

  • 運動の楽しさや喜びを感じさせる体育授業を展開する。
  • 体育的行事の充実、部活動の活性化を通して、運動する意欲と基礎的体力を向上させる。
  • 家庭と連携を図り、保健管理の徹底と健康教育の充実に努める。

家庭・地域等との連携による開かれた学校づくり

  • 様々な機会を利用して家庭に積極的に情報を発信し、家庭と連携した教育を推進する。
  • 小学校との連携を強化し、「確かな学力」「豊かな心」「健康な心身」を育成する。
  • 地域と連携をし、生徒の健全育成を図る。

お問い合わせ

川越市立名細中学校
〒350-0811 川越市小堤14
電話番号:049-231-2213(直通)
ファクス:049-239-1102

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る