このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

初雁中学校いじめ防止基本方針

最終更新日:2015年9月3日

学校いじめ防止基本方針
平成27年3月

川越市立初雁中学校
1 基本方針
(1)いじめ防止等に関する基本理念

  • 全ての生徒が安心して学校生活を送れるよう、いじめ防止等の対策を強化する。
  • 「いじめは絶対に許されない行為である」との考えに基づき、全ての生徒において、いじめをしない心を育てる。
  • 学校、家庭、地域、関係機関は、いじめられている生徒を守ることを共通認識とし、連携していじめの根絶に努める。
  • 生徒からのいじめのサインを、見逃さないようにする。
  • いじめが発生した場合には、迅速に組織で対応し、いじめられている生徒を絶対に守り通すとともに、いじめをしている生徒には、毅然とした対応と粘り強い指導を行う。
  • 日常的にいじめの問題について触れ、生徒に、いじめを絶対に許さない態度を育てる。
  • いじめの問題に対し、あらゆる教育活動を通して思いやりの心を育て、全ての生徒が安心して学校生活を送れるよう、いじめのない学校づくりをする。
  • 学校、家庭、地域、関係機関が、いじめ問題についての情報を共有するとともに、連携していじめの防止及び早期解決に努める。

2 いじめの定義
「いじめ」とは、児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している当該児童等と一定の人間関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。(「いじめ防止対策推進法」第2条)
具体的ないじめの様態は、以下のようなものがある。

  • 冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる
  • 仲間はずれ、集団による無視をされる
  • 軽くぶつかられたり、遊ぶふりをして叩かれたり、蹴られたりする
  • ひどくぶつかられたり、叩かれたり、蹴られたりする
  • 金品をたかられる
  • 金品を隠されたり、盗まれたり、壊されたり、捨てられたりする
  • 嫌なことや恥ずかしいこと、危険なことをされたり、させられたりする
  • パソコンや携帯電話等で、誹謗中傷や嫌なことをされる等

【いじめを認知する際の方針】
(1)個々の行為がいじめに当たるか否かの判断は、表面的・形式的にならないよう、いじめられた生徒の立場に立って行う。また、いじめの認知については「校内いじめ対策委員会」をもって行う。
(2)けんかのように見える場合であっても、該当生徒の力関係を考慮し、判断する。
(3)いじめられている生徒の中には、自分が被害者である自覚がない場合があるが、聞き取り調査等でいじめの事実が確認された場合には、いじめとして対応する。
(4)いじめの事実確認においては、該当生徒の保護者と連携して対応する。また、地域からもいじめの問題に関する情報を積極的に収集する。

3 いじめの防止
生徒が、周囲の友人や教職員と信頼できる関係の中、安心・安全に学校生活を送ることができるよう、規律正しい態度で授業や行事に主体的に参加・活躍できるような授業づくりや集団づくり、学校づくりを行う。
(1)校訓「英知・気力・友愛」の精神を意識させ、行動させる。
(2)教育課程を確実に実施し、わかる授業を展開することで学習意欲を高め、
生徒一人一人の学力を向上させる。
(3)「川越観光サポート」を柱にした総合的な学習の時間を充実させ、地域に誇りを待たせる。
(4)小中連携教育を充実させ、生徒指導上の情報交換を密にするとともに、いじめ防止のための取組を推進する。
(5)日常的にいじめの問題について触れ、「いじめは人間として絶対に許されない」との雰囲気を学校全体に醸成する。
(6)いじめとは何かについて、具体的に列挙して目につく場所に掲示するなど、生徒と教職員が認識を共有する。
(7)道徳教育や人権教育の充実、読書活動・体験活動の推進により、お互いの人格を尊重する態度や他者と円滑にコミュニケーションを図る能力を育てる。
(8)いじめ加害の背景に、勉強や人間関係等のストレスが要因の一つとしてかかわっていることを踏まえ、一人一人を大切にしたわかりやすい授業づくり、一人一人が活躍できる集団づくりを進める。
(9)学校の教育活動全体を通じ、全ての生徒が活躍でき、他者の役に立っていると感じることのできる機会を提供し、自己有用感が高められるよう努める。
(10)生徒がいじめの問題について学び、主体的に考え、生徒自身がいじめの防止を訴えるような取組を推進する。

4 早期発見
いじめは大人の目の届きにくいところで発生しており、学校・家庭・地域が協力し、ささいな兆候であっても、いじめではないかとの疑いを持って、隠したり軽視することなく、いじめを積極的に認知する。
(1)定期的なアンケート調査や定期的な教育相談の実施等により、生徒が日頃からいじめを訴えやすい機会や場をつくる。
(2)生活ノートや個人面談、家庭訪問の機会を有効に活用し、日頃から生徒の様子や行動に気を配る。
(3)「いじめ発見チェックリスト」を活用し、日頃の生徒の様子や行動を注意深く観察する。
(4)家庭訪問や保護者アンケート調査を積極的に行い、家庭と連携して生徒を見守る。
(5)地域や関係機関と日常的に連携し、積極的に情報の共有を行う。
(6)パスワード付きサイトやSNSを利用したいじめについては、発見が難しいため、生徒の変化を見逃さず、教育相談等によりいじめの実態を掴む。

5 いじめに対する措置
発見・通報を受けた場合には、特定の教職員で抱え込まず、速やかに組織的に対応する。その際、被害生徒を守り通すとともに、毅然とした態度で加害生徒を指導する。また、教職員全員の共通理解の下、保護者の協力を得て、関係機関・専門機関と連携し、対応に当たる。
(1)いじめの発見・通報を受けたときの対応

  • いじめと疑われる行為を発見した場合、その場でその行為を止める。
  • 「いじめではないか」との相談や訴えがあった場合には、真摯に傾聴する。
  • いじめられた生徒やいじめを知らせてきた児童生徒の安全を確保する。
  • 発見・通報を受けた教職員は、「校内いじめ対策委員会」で直ちに情報を共有する。
  • 速やかに関係児童生徒から事情を聞き取り、いじめの事実の有無の確認を行う。
  • 校長は、教育委員会に事実確認の結果を報告するとともに、被害・加害生徒の保護者に連絡する。
  • 指導に困難な際、または生徒の生命、身体等に重大な被害が生じるおそれがある際は、ためらうことなく、所轄警察署と連携して対処する。

(2)いじめられた生徒及びその保護者への支援

  • いじめられた生徒から、事実関係の聴取を行う。家庭訪問等により、その日のうちに迅速に(わかった範囲で)保護者に事実関係を伝える。
  • 状況に応じて、見守りを行うなど、いじめられた生徒の安全を確保する。
  • いじめられた生徒に寄り添い、支えることのできる校内体制をつくる。
  • 状況に応じて、いじめた生徒を別室で指導する。
  • 必要に応じて、いじめられた生徒の心のケアのため、さわやか相談員やスクールカウンセラー等の協力を得る。
  • 解決したと思われる場合も、見守りながら経過を観察し、折に触れ必要な支援を行う。

(3)いじめた生徒への指導及びその保護者への助言

  • いじめたとされる生徒から、事実関係の聞き取りを行う。いじめが確認された場合、複数の教職員、必要に応じてさわやか相談員やスクールカウンセラーなどの協力を得て、組織的に対応し、いじめをやめさせ、その再発を防止する対応をとる。
  • 迅速に保護者に連絡し、事実に対する保護者の理解や納得を得た上、学校と保護者が連携して以後の対応を適切に行えるよう保護者の協力を求める。
  • いじめた生徒への指導の際、「いじめは人格を傷つけ、生命、身体又は財産を脅かす行為であること」を理解させ、自らの行為の責任を自覚させる。
  • いじめた生徒が抱える問題、いじめの背景にも目を向け、当該生徒の健全な人格の形成に配慮する。
  • 個々の状況に応じた指導や警察との連携による対応も含め、毅然とした対応をする。

(4)いじめが起きた集団への働きかけ

  • いじめを見ていた生徒に対しても、自分の問題として捉えさせる。
  • 誰かに知らせる勇気を持つよう伝えるとともに、はやしたてるなど同調する行為は、いじめに加担する行為であることを理解させる。
  • 全ての児童生徒が、集団の一員として、互いを尊重し、認め合う人間関係を構築できるような集団づくりを進める。

(5)ネット上のいじめへの対応

  • ネット上の不適切な書き込み等については、被害の拡大を避けるため、直ちに削除する措置をとる。
  • 必要に応じて、法務局、警察署と連携して対応する。
  • ネットパトロールと連携し、ネット上のトラブルの早期発見に努める。
  • ネット上の人権侵害情報に関する相談の受付など、関係機関の取組について周知する。
  • パスワード付きサイトやSNSを利用したいじめについては、発見しにくいため、情報モラル教育の推進を進めるとともに、これらについての保護者への啓発を進めていく。

6 重大事態への対処
重大事態が発生した場合は、同種の事故の発生防止に資するため、速やかに適切な方法により事実関係を明確にするための調査を行い、教育委員会や保護者に必要な情報を適切に提供する。
(1)重大事態の定義
重大事態とは、いじめにより、生徒が次のような状況に至った場合とする。

  • 生徒が自殺を企図した
  • 身体に重大な傷害を負った
  • 金品等に重大な被害を被った
  • 精神性の疾患を発症した
  • 相当の期間(30日)学校を欠席することを余儀なくされた
  • その他校長が認めるもの

※生徒が一定期間、連続して欠席しているような場合には、上記の日数に関わらず、学校の判断により、迅速に調査に着手する。
※生徒や保護者からいじめられて重大事態に至ったという申し立てがあったときは、重大事態が発生したものとして報告・調査に当たる。
(2)重大事態発生時の報告
重大事態が発生した場合は、教育委員会へ報告する。(「事故速報」にて報告)
(3)重大事態の調査について

  • 学校は教育委員会の指導・助言のもと、重大事態の調査組織を設置し、事実関係を明確にするための調査を実施する。
  • 組織の構成については、校内いじめ対策委員会に、専門的知識及び経験を有し、当該いじめ事案の関係者と直接の人間関係又は特別の利害関係を有しない第三者の参加を図り、調査の公平性・中立性を確保する。
  • いじめ行為の事実関係を、いつ、誰から行われ、どのような様態であったか、いじめを生んだ背景や人間関係にどのような問題があったのか、学校はどのように対応したのかを客観的に速やかに明確にする。

(4)いじめられた生徒からの聞き取りが可能な場合

  • 事実確認とともに、いじめた生徒への指導を行い、いじめ行為を止める。
  • いじめられた生徒や情報を提供してくれた生徒を守ることを最優先として調査を実施する。

いじめられた生徒に対しては、事情や心情を聴取し、いじめられた生徒の状況に合わせた継続的なケアを行い、落ち着いた学校生活復帰の支援や学習支援等を行う。
(5)いじめられた生徒からの聞き取りが不可能な場合

  • 生徒の入院や死亡など、いじめられた生徒からの聞き取りが不可能な場合は当該生徒の保護者の要望・意見を十分に聴取し、迅速に今後の調査について協議し、その上で調査を行う。
  • 調査方法としては、在籍生徒や教職員に対するアンケート調査や聞き取り調査が考えられる。

(6)調査結果の提供

  • 調査で明らかになった事実関係を、いじめを受けた生徒及びその保護者に対し適切に提供する。
  • いじめを受けた生徒やその保護者に対して、事実関係等その他の必要な情報を提供する責任を有することを踏まえ、調査によって明らかになった事実関係(いつ(いつ頃から)、誰から行われ、どのような様態であったか、いじめを生んだ背景・事情や生徒の人間関係にどのような問題があったか、学校・教職員がどのように対応したかなど)
  • これらの情報の提供に当たっては、他の生徒のプライバシー保護に配慮するなど、関係者の個人情報に十分配慮する。ただし、いたずらに個人情報保護を盾に説明を怠るようなことはしない。
  • アンケートによる調査については、いじめを受けた生徒又はその保護者に提供する場合があることをあらかじめ念頭に置き、調査に先立ち、その旨を調査対象となる在校生やその保護者に説明する。
  • 調査を行う際、教育委員会から情報提供の内容・方法・時期などについて必要な指導及び支援を受ける。

(7)調査結果の報告

  • 調査結果については、教育委員会に報告する。(「いじめ問題重大事態調査報告書」にて報告)
  • 上記の説明の結果を踏まえて、いじめを受けた生徒又はその保護者が希望する場合には、いじめを受けた生徒又はその保護者の所見をまとめた文書の提供を受け、調査結果の報告に添えて市長に送付する。

(8)留意事項
重大事態が発生した場合に、関係のあった生徒が深く傷付き、学校全体の生徒や保護者や地域にも不安や動揺が広がったり、時には事実に基づかない風評等が流れたりする場合もある。生徒や保護者への心のケアと落ち着いた学校生活を取り戻すための支援に努めるとともに、一貫した情報発信、個人のプライバシーへの配慮に留意する。

7 その他の留意事項
(1)組織的な指導体制

  • 校長を中心に全教職員が一致協力体制を確立する。
  • 「校内いじめ対策委員会」については、次のとおりとする。

(1)週1回開催している「生徒指導部会」の中で、日々のいじめ問題について対応する。
(2)保護者や地域住民の意見を参考にするため、年3回「いじめ対策委員会」を開催する。構成員は、校長、教頭、学校評議員、生徒指導主任、教育相談主任、養護教諭とする。
(3)重大事案の調査や生徒のケアが必要な際には、(2)の「いじめ対策委員会」の構成員に、スクールカウンセラー、さわやか相談員、関係教職員等を加える。

  • 「校内いじめ対策委員会」で情報を共有し、組織的に対応する。
  • いじめの問題等に関する指導記録を保存し、生徒の進学・進級や転学の際、適切に引継ぎや情報提供ができる体制をとる。
  • 必要に応じて、さわやか相談員やスクールカウンセラーが参加しながら対応する。
  • 学校のいじめ防止基本方針やいじめ防止年間計画の作成及び実施に当たっては、保護者や地域住民の意見も参考にする。

(2)校内研修の充実

  • 各学校のいじめ防止年間計画に基づき、いじめを始めとする生徒指導上の諸問題等に関する校内研修を行う。

(3)校務の効率化

  • 教職員が生徒と向き合い、いじめの防止等に適切に取り組んでいくことができるよう、校務分掌を適正化するなど、校務の効率化を図る。

(4)学校評価と教員評価

  • 学校評価においては、問題を隠さず、いじめの実態把握や対応が促されるよう、実態に即した目標の設定や、目標に対する具体的な取組状況や達成状況を評価し、評価結果を踏まえてその改善に取り組む。
  • 教員評価においては、いじめの問題に関する目標設定や目標への対応状況を評価する。

(5)地域や家庭との連携について

  • 学校基本方針等について地域や保護者の理解を得ることで、地域や家庭に対して、いじめ問題の重要性の認識を広めるとともに、家庭訪問や学校通信などを通じて家庭との緊密な連携協力を図る。

8 関係機関との連携
いじめの内容に応じて、関係機関との連携を図り、迅速な解決と未然防止を図る。
(1)警察との連携

  • 川越警察署生活安全課との日常的な連携
  • 定期的な学校警察連絡協議会での情報の共有
  • スクールサポーターとの連携
  • いじめ・少年非行防止撲滅啓もう活動「小江戸川越SPEC」の実施
  • 「川越市いじめ防止連絡協議会」における連携
  • 埼玉県警察本部サイバー犯罪対策課との連携による、保護者への啓発

(2)川越市教育センター分室(リベーラ)との連携
(3)児童相談所との連携
(4)家庭裁判所との連携
(5)民生委員・児童委員との連携

9 いじめ防止年間計画
いじめ防止年間計画

※定期的に実施していくもの

毎週実施:生徒指導部会(毎週月曜)教育相談部会(月1回金曜)

毎学期実施:教育相談アンケート→チャンス相談実施
実施期間活動計画(学:学校、生:生徒会、保:保護者)
4月
学:校内研修
学:学級づくり
保:保護者会
5月
学:部活動保護者会
学:第1回アンケート調査
保:PT会総会
6月
学:体育祭
学:第1回いじめ対策委員会
学:人権作文、人権標語
生:思いやりアンケート
学:第1回小中連絡協議会
学:全校二者面談
7月
保:青少年健全育成連絡協議会
保:保護者会
8月
学:校内研修
学:小中合同研修会
保:校内整備
学:部活動の指導
9月
学:第2回アンケート調査
学:校内研修
10月
学:川越観光サポート
学:合唱祭
生:生徒会本部役員選挙
11月
学:人権週間
学:全校三者面談
学:第2回いじめ対策委員会
生:いじめ撲滅キャンペーン
12月
保:保護者会
学:3年三者面談
学:部活動の指導
1月
学:校内研修
学:第3回アンケート調査
2月
学:修学旅行
学:職場体験学習
学:新入生保護者説明会
学:第3回いじめ対策委員会
3月
学:第2回小中連絡協議会
学:校内研修
保:保護者会

お問い合わせ

川越市立初雁中学校
〒350-0052 川越市宮下町1丁目21番地3
電話番号:049-222-0749(直通)
ファクス:049-229-1222

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る