このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. ひとり親の方への支援
  4. 自立支援教育訓練給付金

本文ここから

自立支援教育訓練給付金

最終更新日:2016年4月1日

ひとり親家庭の母又は父が自主的に行う職業能力開発の取り組みを支援するために、対象講座を受講した方に対して教育訓練修了後、給付金を支給します。
なお、給付金の支給は、原則として1人につき1回限りです。

対象者(市内在住のひとり親家庭の母又は父であり、次のすべてに該当する方)

  • 児童扶養手当の支給を受けているか、または同様の所得水準にある方
  • 当該教育訓練講座を受講することが適職につくために必要であると認められる方
  • 二十歳未満の児童を扶養している方
  • 過去に自立支援教育訓練給付金を受給していない方

対象講座

  • 雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座

『厚生労働大臣指定教育訓練講座一覧』をご覧ください。
 一覧表はお近くのハローワーク、また、厚生労働省のホームページでご覧になれます。
 対象講座一覧URL:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/T_K_kouza(外部サイト)

  • 就業に結びつく可能性の高い講座として、市長が定める講座

支給額

1.雇用保険制度から一般教育訓練給付金の支給を受けることができない方
  対象講座の受講料の6割相当額(上限20万円)
ただし、6割相当額が12,000円を超えない場合は支給されません。

2.雇用保険制度から一般教育訓練給付金の支給を受けることができる方(平成29年度より追加)
  1に定める額から雇用保険制度から支給される一般教育訓練給付金の額を差し引いた額
雇用保険制度の一般教育訓練給付金の支給額と併せて1と同額が支給されますが、雇用保険制度の一般教育訓練給付金の支給額を確認するため、ハローワークから通知される「教育訓練給付金(一般教育訓練)支給・不支給決定通知書」が必要になります。

申請方法

事前に母子・父子自立支援員による相談が必要となります。なお、事前相談は予約制となりますので、予めお電話等でこども家庭課あてに予約をお願いします。

お問い合わせ

こども未来部 こども家庭課 ひとり親支援担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5821(直通)
ファクス:049-225-5218

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る