このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

家庭保育室

最終更新日:2016年9月1日

家庭保育室とは

 家庭保育室とは、児童福祉法に基づく認可外保育施設のうち、川越市が定める基準に適合し川越市との委託契約に基づき乳幼児の保育を実施している施設です。
各施設は、保護者の就労・傷病等により家庭での保育が困難となる生後8週間から2歳児クラスまでの乳幼児6人から20人を自宅等を開放して保育しています。
 保育時間・入室手続き等は、下記のとおりですが、詳しくは入室を希望する家庭保育室に直接お問い合わせください。

保育時間

 原則として1日8時間ですが、保護者の勤務時間等により延長することができますので、各家庭保育室にご相談ください。なお、日曜日・祝日等は、保育を実施していません。

入室手続き

 入室を希望する家庭保育室に申請書を提出してください。申請書・勤務証明書等の書類については、各家庭保育室に用意してあります。
 申請には、家庭で保育をすることができないことを証明するもの(勤務証明書等)、児童の健康診断書等が必要となります。入室が決定されると市から申請者に対して家庭保育室委託決定書が交付されます。
 なお、市外家庭保育室に入室を希望される方は保育料軽減の対象となる場合がありますので、保育課までお問い合わせください。

保育料

 家庭保育室ごとに定められており、基本保育料のほか・時間外保育料・冷暖房費等がかかる場合があります。また、新規入室時に入室料がかかるところがあります。

 市では、保護者の保育料負担の軽減を図るために基本保育料の一部を保護者に代わって負担しています。保護者は、基本保育料から下表の各階層区分に応じて定められた保育料軽減額を差し引いた額を家庭保育室に支払うことになります。
 保育料軽減額は、4月分から8月分までは「前年度の市民税額」、9月分から3月分までは「当年度の市民税額」により決定します。
 なお、保育室に入室する児童以外の同一世帯に属する他の児童が認可保育園または家庭保育室に通われている場合、第二子軽減の対象となり、保育料軽減額に上乗せして軽減を受けられる可能性があります。

保育料軽減額表
階層 各月初日の児童の属する世帯の階層区分 保育料軽減額
(月額)
1 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯 47,000円
2 1階層を除き、市町村民税の非課税世帯 47,000円
3 1階層を除き、市町村民税・特別区民税の課税世帯であって、その所得割の額が次の区分に該当する世帯 48,600円未満 41,000円
4 48,600円以上60,000円未満 35,000円
5 60,000円以上70,000円未満 30,000円
6 70,000円以上80,000円未満 27,000円
7 80,000円以上100,000円未満 23,000円
8 100,000円以上115,000円未満 19,000円
9 115,000円以上130,000円未満 13,000円
10 130,000円以上145,000円未満 10,000円
11 145,000円以上200,000円未満 7,000円
12 200,000円以上270,000円未満 4,000円

お問い合わせ

こども未来部 保育課 管理担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5827(直通)
ファクス:049-223-8786

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る