このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 食品・衛生
  4. 食品衛生
  5. 食の安全情報
  6. 牛レバーを生食するのは、やめましょう!!

本文ここから

牛レバーを生食するのは、やめましょう!!

最終更新日:2017年3月1日

平成24年7月1日から、牛の肝臓(レバー)を生食用として、販売・提供することは禁止されました。

これは、牛の肝臓を安全に生で食べるための有効な予防対策を見い出せておらず、牛の肝臓を生で食べると、腸管出血性大腸菌による重い食中毒の発生が避けられないからです。

腸管出血性大腸菌は、少数の菌(2から9個)だけで、食中毒を引き起こした事例が報告されています。また、溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症などの重篤な疾患を併発し、死亡した事例も報告されています。

現在のところ、牛の肝臓を安全に食べる方法は加熱することだけです。新鮮であっても、安全ではありません。

<リンク>

関連情報

お問い合わせ

保健医療部 食品・環境衛生課 食品衛生担当(川越市保健所内)
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-227-5103(直通)
ファクス:049-224-2261

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る