このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

5.胃がん検診+大腸がん検診

最終更新日:2019年3月26日

検診名 5.胃がん検診+大腸がん検診
受診形態 集団検診(検診バスが公民館等を巡回して実施します)
検診項目 胃部エックス線検査
大腸 便潜血検査(2日法)
対象 40歳以上の方
受診間隔 1年度に1回
自己負担金 胃がん検診:700円
大腸がん検診:300円
自己負担金免除対象
  • 70歳以上の方(受診時、受付に保険証を提示)
  • 生活保護受給世帯に属している方(受診時、受付に生活保護受給証を受付に提示)
  • 中国残留邦人等支援給付を受けている方(受診時、受付に本人確認証を提示)
  • 市民税非課税世帯に属する方(事前申請が必要:「がん検診申し込みハガキ」自己負担免除申請欄にチェックしてください)
検診日程・会場 集団検診日程・会場一覧表をご覧ください。
当日受付時間 午前9時15分から10時まで
申し込み ハガキに必要事項を記入のうえ健康管理課に郵送してください。ハガキは健康づくりスケジュール付属のもの、又はページ下ダウンロード様式をご利用ください。

<あて先>
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
川越市保健所 総合保健センター2階 健康管理課 成人健診担当
詳しくは集団検診ガイドをご覧ください。

  • 先着順に受診者を決定し通知(郵送)します。
  • 定員になり次第締め切ります。
受診方法

受診決定者には受診日の約2週間前に受診券を郵送します。
(日程の関係で決定通知を省略し、受診券のみを郵送する場合があります)
受診当日、保険証・受診券を持ち、受付時間内に実施会場にお越しください。

注意

次のいずれかに該当する方は受診できません。
■がん検診共通

  • 受診日以前に転出している方
  • 該当する検診の対象となる要件を満たしていない方
  • 勤務先、人間ドックなどで受診機会がある方
  • 今年度、該当する市の検診を受診した方
  • 検診と同じ部位のがん治療中または経過観察中の方
  • 妊娠中及び妊娠の可能性がある方
  • 大腸がん検診において、検体採取時に月経中の方
  • 疾患の種類にかかわらず、入院中の方
  • 前年度の検診で精密検査が必要と判定され、理由なく受診していない方
  • 検診当日の問診で受診不可と判断された方

※病気治療中(服薬含)または経過観察中の方はあらかじめ主治医と相談してください。
※症状がある方は医療機関への受診をお勧めします。
■胃がん検診(エックス線検査)は下記に該当する方

  • 胃を全摘出している
  • 食道・胃・小腸・大腸などの消化器系疾患を治療中、経過観察中
  • 食道・胃・小腸・大腸などの手術を受けたことがある※個別検診は各医療機関にご相談ください
  • 1年以内に腹部の手術を受けた
  • 腸閉塞の既往がある、腎臓病・心臓病などで水分接種を制限されている、常時酸素吸入をしている、検査当日まで3日間排便がない
  • バリウムを誤えんしたことがある、バリウム製剤の過敏症(じんましん、息苦しいなど)がある、バリウムのコップを自分で持って飲めない
  • 自力で体位を保持することや撮影台の手すりをつかむことができない、技師の指示に従って動くことが困難
  • 1年以内に脳血管疾患、心疾患等で発作があった

※授乳中の方は、下剤が母乳に影響するためおすすめできません

関連情報

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 健康管理課 成人健診担当(川越市総合保健センター内)
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-229-4126(直通)
ファクス:049-225-2817

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る