このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

妊娠がわかったら・・・

最終更新日:2017年4月1日

妊娠の届け出

妊娠がわかったら、早期に妊娠の届け出を行い、「母子健康手帳」と「妊婦健康診査助成券」を受け取ってください。
平成28年1月1日から、社会保障・税番号(マイナンバー)制度が施行されたことにより、「妊娠届出書」に妊婦さんのマイナンバー記入欄が追加されました。これに伴い、その個人番号の確認及びご本人確認のため「個人番号カード」等の提示が必要となります。(確認のための詳しい書類については、下記担当までお尋ねください。)また、妊婦さんと世帯(住民票)の違う方が、妊婦さんに代わって妊娠の届け出をする場合は「委任状」が必要になります。「妊娠届出書」及び「委任状」は下記よりダウンロードできます。

届け出場所は・・・?

市役所市民課・市民センター・連絡所・証明センター・総合保健センターで受付します。

妊婦健康診査を受けましょう

すこやかな妊娠と出産のために、妊婦健康診査を必ず受けましょう。
川越市では、14回分の妊婦健康診査費用の一部助成を行っています。「妊婦健康診査助成券」(母子健康手帳と一緒にお渡ししています)の太枠内を記入して、受診時に委託医療機関窓口に提出してください。

平成27年4月1日以降の妊婦健診受診分から、各検査の受診票が全て助成券に変更されました。助成金額を上回る健診費用は、自己負担となります。

(注)転入された方には、市役所市民課・市民センター・連絡所・証明センター・総合保健センターで、川越市の助成券をお渡しします。その際、現在お持ちの受診票等と交換となりますので、必ず持参してください。
(注)転出された場合は、川越市の助成券は使用できません。転出先の市町村で受診票等の交付を受けてください。
(注)妊娠届出以前、または、川越市に転入する前に受診した妊婦健康診査等は助成の対象になりません。

妊婦健康診査の助成券が利用できる医療機関

川越市の助成券が利用できる医療機関は、川越市と委託契約を締結している国内の医療機関・助産所です。

委託医療機関以外(国内に限る)で受診される場合

里帰り出産等で、受診する予定の医療機関が委託契約を締結しているかご不明な場合は、必ず受診前にお問い合わせください。
委託医療機関以外(国内に限る)で受診する場合、妊婦健診費用は全額自己負担となりますが、「川越市妊婦健康診査助成制度」を受けることができます。詳しくは、下記をご覧ください。

「川越市妊婦健康診査助成制度」について

1対象者

  1. 受診当日に川越市に住民登録があり、以下のいずれかに該当する方
    里帰り出産等により、委託機関以外の病院、診療所または助産所で妊婦健康診査を受診した方
  2. 性疾患等により、委託機関での受診が困難であった方

2助成の内容

妊婦健康診査受診票に記載された検査項目、または妊婦健康診査助成券に記載された金額と自費支払額を比較し、どちらか少ない金額までが対象となります。実施しなかった検査項目は、助成の対象とはなりません。
(注)妊婦健康診査費用が全額無料となるわけではありません。

3申請の手続き方法

〔申請受付場所〕

川越市総合保健センター1階健康づくり支援課健康づくり支援担当

〔受付時間〕

午前8時30分から午後5時15分(土曜、日曜、祝日、12月29日から1月3日を除く)

〔申請期限〕

委託医療機関以外で受診した妊婦健康診査の最後の受診日より1年以内
(注)申請期限を過ぎた場合は、受理できませんのでご注意ください。

〔申請書類等〕

  1. 川越市妊婦健康診査助成金交付申請書(注1)
  2. 母子健康手帳
  3. 未使用の助成券(住所・氏名等を記入してください)
  4. 受診先の名称・受診日が明記された領収書(原本)
  5. 領収(診療)明細書(健診内容が明記されたもの)
  6. 検査結果票・超音波エコー画像など
  7. 印鑑(受診者ご本人以外の口座に振込む場合の委任状に押印)
  8. 振込み先がわかる通帳等

(注1)受診日の領収書が自費(100パーセント患者負担)であることを確認の上、受診年月日を記入してください。検査日や、どの受診日が申請の対象となるか判断しかねる場合は、受診年月日は記入せずにお持ち下さい。
・申請書類は、健康づくり支援課でお渡ししています。また、下記からダウンロードもできます。

4助成金の交付額

別表の「妊婦健康診査内容・助成金上限額」(下記からダウンロードできます)の上限金額と実際に支払った金額を比較して、少ない方になります。なお、上限金額を超えた分は自己負担となります。

5助成金の交付の流れ

申請後、交付が決定した場合は、申請月の翌月に「川越市妊婦健康診査助成金交付決定通知書」を郵送します。その後、指定された口座に助成金を振り込みます。
助成要件に合致しない等、助成金の支給ができない場合は、その理由を記載した「川越市妊婦健康診査助成金不交付決定通知書」を郵送します。

妊娠中からの相談窓口(母子保健型利用者支援事業)

 妊娠が分かり、妊娠中の生活や産まれてくる赤ちゃんの準備、出産後の生活などについて、分からないことや心配
なことはありませんか?
 川越市では、皆さんが安心して出産を迎え、子育てに取り組むことができるように、母子保健コーディネーター
(助産師)が相談に応じています。妊婦さんや、お父さんお母さんの気持ちに寄り添い一緒に考え、必要な情報をお
伝えしたり、適切な相談先をご紹介したりします。お気軽にご相談ください。

外部リンク

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 健康づくり支援課 健康づくり支援担当(川越市総合保健センター内)
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-229-4121(直通)
ファクス:049-225-1291

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る