このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 病気・医療
  4. 後期高齢者医療制度
  5. 給付
  6. 限度額適用認定 限度額適用・標準負担額減額認定

本文ここから

限度額適用認定 限度額適用・標準負担額減額認定

最終更新日:2018年7月25日

「限度額適用認定」「限度額適用・標準負担額減額認定」について

「限度額適用認定証」もしくは「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関の窓口に提示することで、同じ月で同じ医療機関での一部負担金の金額を自己負担限度額までに抑えることができます。
区分ごとに必要な証は以下のとおりです。


区分 証の種類
現役並み所得者1・2 限度額適用認定証

低所得者1・2

限度額適用・標準負担額減額認定証
上記以外 被保険者証のみの提示

※区分については以下リンク先の高額療養費所得区分欄を参照。

認定証の発行手続きについて

認定証を発行するためには申請が必要ですので、被保険者証を持参の上、以下のとおり手続きをしてください。
認定されると、申請した月の初日から適用され、毎年8月に更新します。

(1)該当の方が認定証の発行の対象になるかを高齢・障害医療課に確認する
認定証の発行は、現役並み所得者1・2または市民税非課税世帯に属していることが要件となりますので、これを満たしているかを高齢・障害医療課に確認してください。

(2)申請の場所
高齢・障害医療課(市役所本庁舎2階2番窓口)又は市民センター、南連絡所
※市民センター、南連絡所に申請をいただいた場合には、後日郵送となります。

認定を受けた被保険者が、次のいずれかに該当となった場合は、認定証を返却してください。

  • 被保険者の資格を喪失した
  • 現役並み所得者1・2に該当しなくなった
  • 市民税非課税世帯に該当しなくなった
  • 有効期限が切れた

限度額適用・標準負担額減額認定申請書については、以下よりダウンロードできます。

ダウンロード

関連情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 高齢・障害医療課 後期高齢者医療担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5842(直通)
ファクス:049-224-7318

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る