このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 病気・医療
  4. 後期高齢者医療制度
  5. 給付
  6. 高額な外来診療を受ける皆さまへ

本文ここから

高額な外来診療を受ける皆さまへ

最終更新日:2015年1月3日

 医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局で支払う自己負担額が、1ヶ月単位で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する「高額療養費制度」があります。
 これまでの高額療養費制度の仕組みでは、入院される方については、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することにより、窓口での支払を自己負担限度額にとどめることが可能でしたが、外来診療では、窓口負担が限度額を超えた場合でも、いったんその額をお支払いただいていました。

 平成24年4月1日からは、外来診療についても「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示すれば、自己負担限度額を超える分を窓口で支払う必要はなくなります。

自己負担限度額(月額)

所得区分 自己負担限度額
外来
(個人ごと)
入院+外来
(世帯合算)
現役並み所得者 44,400円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(注 44,400円)
一般 12,000円 44,400円
低所得2 8,000円 24,600円
低所得1 8,000円 15,000円

(注 44,400円)
 過去12ケ月以内に3回以上高額療養費の支給を受けた場合、4回目以降は44,400円となります。
 「低所得2」世帯全員が住民税非課税の方です。
 「低所得1」世帯全員の各所得が0円で、年金収入が80万円以下の方です。

限度額適用・標準負担額減額認定証の発行手続きについて

 認定証を発行するためには申請が必要ですので、被保険者証を持参の上、以下のとおり手続きをしてください。
 認定されると、申請した月の初日から適用され、毎年8月に更新が必要となります。

(1)該当の方が認定証の発行の対象になるかを高齢・障害医療課に確認する
 認定証の発行は、市民税非課税世帯に属していることが要件となりますので、これを満たしているかを高齢・障害医療課に確認してください。

(2)申請の場所
 高齢・障害医療課(市役所本庁舎2階2番窓口)又は市民センター、南連絡所
※市民センター、南連絡所に申請をいただいた場合には、後日郵送となります。

 限度額適用・標準負担額減額認定を受けた被保険者が、次のいずれかに該当となった場合は、認定証を返却してください。

  • 被保険者の資格を喪失した
  • 市民税非課税世帯に該当しなくなった
  • 有効期限が切れた

 限度額適用・標準負担額減額認定申請書については、以下よりダウンロードできます。

関連情報

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 高齢・障害医療課 後期高齢者医療担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5842(直通)
ファクス:049-224-7318

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る