このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

マイコプラズマ肺炎について

最終更新日:2015年1月3日

マイコプラズマ肺炎とは?

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ・ニューモニエという病原体による感染症のひとつで、幼児期から青年期に多くみられます。通常は感染しても気管支炎ですみ、軽い症状が続きますが、まれに小さいこどもやお年寄りが重症化することもありますので、症状がある方は、早めに医療機関を受診しましょう。

<症状>

乾性の咳(解熱後も3から4週間続く)、発熱、倦怠感。症状の程度は人によって様々です。

<潜伏期>

14から21日間

<感染経路>

患者さんの咳やくしゃみなどのしぶきに含まれる病原体によって感染します(飛沫感染・接触感染)。短時間の接触での感染拡大の可能性は高くありません。

<治療・予防>

治療は、抗菌薬による化学療法と、発熱や咳の症状を抑えるための対処療法が主体となります。
感染予防のためのワクチンはありません。
感染を広げないために重要なことは、咳エチケットと手洗いです。咳があるときはマスクを着用し、他の人に直接しぶきがかからないようにしましょう。患者との濃厚な接触を避けることも重要です。また、普段から手洗い、うがいを心がけましょう。

リンク情報

お問い合わせ

保健医療部 保健予防課 感染症担当(川越市保健所内)
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-227-5102(直通)
ファクス:049-227-5108

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る