このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

こども医療費の助成

最終更新日:2016年1月28日

【1】こどもの医療費について

川越市に住所があり、健康保険に加入しているこどもの医療費(保険診療の一部負担金)を保護者に支給します。

平成26年1月診療分以降

通院・入院について、中学校3年生(15歳に達する日以後最初の3月末日)までのこどもの医療費(保険診療の一部負担金)を支給します。

保険外費用(健康診断、予防接種、薬の容器代、入院時の差額ベッド代等)及び、入院時食事療養費標準負担額は、対象外です。
他の市区町村の重度心身障害者医療費助成等の対象となっている場合は、対象外です。
日本スポーツ振興センター法に基づく災害共済給付の対象となっている場合は、対象外です。
(保育園、学校などの管理下での事故等一定の災害に対しては、日本スポーツ振興センター法に基づく災害共済給付が行われる場合があり、こども医療費に優先して適用されます。加入の有無を保育園、学校などに確認していただき、災害共済給付に該当する場合は、医療機関にこども医療費受給資格証を提示せず、健康保険証のみで受診してください。)

平成26年1月診療分より前は、下記ダウンロード「平成26年1月診療分より前」をご参照ください。

【2】登録手続きについて(こども医療費の支給を受けるにあたって)

出生、転入により新たに川越市のこども医療を受けられる中学校3年生までのこどもについては、受給資格の登録をしていただく必要があります。出生届、転入届提出時に、こども医療費受給資格登録申請書をお渡しします。(出生届を遠隔地・休日・夜間に提出した場合は後日郵送いたします。)
必要事項をご記入の上、こども政策課(郵送可:郵便事故等も想定されるため、確実に届く方法で提出をお願いします。)、各市民センター又は南連絡所に提出してください。
登録申請がありませんと、こども医療費の支給ができません。早めにご申請ください。

登録に必要なもの

  • 対象となるこどもの健康保険証・または健康保険証に代わる証明書
  • 振込先口座の内容がわかるもの
  • 番号確認書類
  • 身元確認書類

社会保障・税番号制度(マイナンバー)が始まりました。

番号確認・身元確認にご協力をお願いします。
マイナンバーが記載された申請書等を提出する際に、番号確認および身元確認を行いますので、下記の書類等をそれぞれ忘れずにご持参ください。

個人番号カードがあれば番号確認と身元確認が1枚で行えます。お持ちでない場合は、通知カード・個人番号が記載された住民票の写し等の番号確認書類と運転免許証・パスポート・身体障害者手帳・在留カード等の身元確認書類が必要になります。
 

※郵送で申請等をする場合は、番号確認書類および身元確認書類のそれぞれの写しが必要です。
※代理人からの申請の場合は、委任状と受任者の身元確認書類および委任者の番号確認書類または、その写しが必要です。ただし、委任者の通知カードや健康保険証等の原本で委任状に代えることができます。
(例)委任者の通知カード原本と代理人の運転免許証

【3】受給資格証について

受給資格証は、出生日(転入の場合は転入日)から中学校3年生(15歳に達する日以後最初の3月末日)までの有効期間のものをお渡しします。(出生届を遠隔地・休日・夜間に提出した場合は、登録申請書を提出後に郵送となります。)

市外へ転出の場合は、転出日以降は使用できませんのでご注意ください
例:4月1日転出の場合は、3月31日まで使用可能です。

【4】申請・支給の方法について

〈1〉窓口無料扱い(現物給付)

川越市内の医療機関等で受診するとき、健康保険証と川越市こども医療費受給資格証を提示すれば、窓口無料扱いとなる場合があり、保険診療分の支払いはありません。ただし、1か月の一部負担金が21,000円以上のときは〈2〉の償還払いとなります。
窓口無料扱いとなった診療に関して、加入医療保険より高額療養費・家族療養附加金等の支給を受けた場合、市に返還していただくことになりますので、こども政策課へ届け出てください。

〈2〉償還払い

  • 川越市外の医療機関で受診のとき
  • 川越市内の医療機関で一部負担金の額が21,000円以上のとき
  • 受給資格証の未提示で窓口無料扱いにならなかったとき
  • コルセットなどの治療用装具を購入したとき

など

医療機関等に一部負担金を一旦支払い、川越市こども医療費支給申請書により市へ申請し、支給を受ける方法です。

支給申請書については、関連情報の「川越市こども医療費支給申請書」のページをご確認ください。

申請時期

診療を受けた月の翌月以降から申請受付となります。
一部負担金を支払ってから5年で時効となりますのでご注意ください。

提出先

こども政策課(郵送可)、各市民センター又は南連絡所に提出してください。

ご持参いただくもの

こども医療費受給資格証、健康保険証、領収書原本
川越市こども医療費支給申請書に領収書原本を添付しての申請となります。なお、領収書原本は原則返却できません。
保険外費用の計上された領収書を確定申告等で使用する場合は、原本証明を行いますので領収書のコピーをご用意ください。

支給時期

めやすとして支給申請書を提出した月の翌々月になります。
ただし、高額療養費等に該当する可能性のあるものについては、その決定後になることがあります。

支給額

ご加入の健康保険組合等より高額療養費・家族療養附加金が支給される場合には、その金額を除いた額がこども医療費の支給額となります。審査を行い、高額療養費の確認ができない場合は、支給決定通知書(不支給決定通知書を含む)等の提出をお願いすることがあります。家族療養附加金の金額や支給方法は、健康保険組合ごとに異なりますので、医療費が高額になった場合は、ご加入の健康保険組合にご確認ください。

【コルセットなどの治療用装具を購入した場合】
【やむを得ず、保険証を持たずに治療を受けた場合】
市役所に申請する前に、加入している健康保険に対して手続き(療養費の申請)をとることが必要になります。加入している健康保険によりこども医療費の申請手続きが異なりますので、事前にこども政策課にお問い合わせください。

健康保険への申請は2年で時効となりますので、お早めに申請をしてください。申請ができないと保険診療を特定できないため、こども医療費の助成対象外になってしまいますので、ご注意ください。

【5】届け出が必要な場合について

  • 健康保険証が変更したとき(こどもの健康保険証をお持ちください。)
  • 登録金融機関の内容が変更したとき(変更する振込先口座の預金通帳等をお持ちください。)
  • 婚姻、離婚等で保護者が変わったとき
  • 生活保護が開始されたとき
  • 交通事故など他人による事故で医療機関等にかかるとき
  • 保育園、幼稚園、学校の管理下における怪我等により医療機関等にかかるとき

健康保険証、振込先口座の変更には「川越市こども医療費受給資格内容等変更届」の提出が必要です。

かぜをひかないよう「手洗い」、「うがい」を励行して予防を徹底しましょう。
病気になったら早めにかかりつけ医にみてもらいましょう。

関連情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

こども未来部 こども政策課 こども給付担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6278(直通)
ファクス:049-223-8786

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る