このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 事業者向け
  3. 環境
  4. 水質汚濁防止法の一部改正について(平成24年6月1日施行)

本文ここから

水質汚濁防止法の一部改正について(平成24年6月1日施行)

最終更新日:2015年1月3日

地下水汚染の未然防止を図るため、水質汚濁防止法が改正され、平成24年6月1日に施行されます。

改正水質汚濁防止法では、有害物質による地下水の汚染を未然に防止するため、有害物質を使用・貯蔵等する施設の設置者に対し、地下浸透防止のための構造、設備及び使用の方法に関する基準の遵守、定期点検及び結果の記録・保存を義務付ける規定等が新たに設けられました。

内容は次のとおりです。

改正の概要

有害物質を使用する特定施設又は有害物質を貯蔵等する施設の設置者について届出規定の創設

有害物質を使用する特定施設又は有害物質を貯蔵等する施設の設置者は、当該施設の構造、設備、使用の方法等についての届出が必要です。

届出期間

平成24年6月1日から30日以内

基準遵守義務の創設

有害物質を使用又は貯蔵等する施設の設置者等は、有害物質による地下水の汚染の未然防止を図るため、構造等に関する基準を遵守しなければなりません。

基準遵守義務違反時の改善命令の創設

計画変更命令等

都道府県知事等は、施設の届出があった場合、当該施設が基準に適合していないと認めるときは、構造等に関する計画の変更又は、廃止を命ずることができます。

改善命令

都道府県知事等は、有害物質を使用又は貯蔵等する施設の設置者等が、構造等に関する基準を遵守していないと認めるときは、構造等の改善、施設の使用の一時停止を命ずることができます。

既存施設について、2、3は施行後3年間猶予されます。

定期点検義務の創設

有害物質を使用する特定施設又は有害物質を貯蔵等する施設の設置者等に対し、定期的にその施設の構造等の点検、その結果の記録、保存が義務付けられます。

改正の詳細

法律の条文、施設の構造や点検に関するマニュアル等の詳細については、下記環境省ホームページを参照して下さい。

概要リーフレット(経済産業省ホームページ)

埼玉県ホームページ

お問い合わせ

環境部 環境対策課 水質・浄化槽担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5894(直通)
ファクス:049-225-9800

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る