このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 川越市立美術館
  2. 特別展
  3. 過去の特別展
  4. 中林忠良銅版画展(2017年度秋)

本文ここから

中林忠良銅版画展(2017年度秋)

最終更新日:2017年12月10日

中林忠良銅版画展―腐蝕の海/地より光へ

会期

2017年10月28日(土曜)から12月10日(日曜)

開催趣旨

 日本の版画界を代表する銅版画家・中林忠良(1937- )は、「すべて腐らないものはない」という観念の下、白と黒のモノクロームで表現される銅版画の世界を追究してきた作家です。本展では、中林の作品を一堂に展示し、1961年以来56年間に及ぶ画業を回顧します。
 中林は、疎開先で体験した雪深い風景を原風景に、モノクロームで作品世界を表現してきました。1963年、東京藝術大学油画専攻を卒業後、同大大学院版画専攻に進み、のちの1989年には同大教授となりました。これまで各大学で後進の指導にもあたってきたほか、日本版画協会会員としても重要な役割を担い、2003年には紫綬褒章を受章、2014年には瑞宝中綬章を受章しました。 
 川越市に隣接するふじみ野市在住の中林は、当館とは開館時からの深い関わりがあります。地域の人々をはじめとする多くの方々に、中林芸術の神髄をお伝えできれば幸いです。

掲載作品

 1 《転位’11-光-I》 エッチング、アクアチント 2011年
 2 《暗界の譜》 エッチング、アクアチント、ディープエッチング 1974年
 3 《根》 エッチング、アクアチント 1962年
 4 《Transposition-転位-III》 エッチング、アクアチント 1979年

開館時間

午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

休館日

月曜日

観覧料

一般 500円(400円)
大学生・高校生 250円(200円)
中学生以下 無料
 ( )内は20名以上の団体料金

  • 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳をご持参の方、及びその介護者1名は無料
  • 「川越きものの日」にちなみ、8日、18日、28日に着物で来館された方は団体料金
  • 県民の日11月14日(火曜)、市民の日12月1日(金曜)および3日(日曜日)は無料で観覧できます。

関連イベント

アーティストトーク&ミニコンサート

 11月3日(金曜・祝日)
 午後1時30分から2時45分(トーク) 午後3時から30分(コンサート)
  

アーティストに会おう

 11月3日(金曜・祝日) 午後3時30分から5時
  

実技講座「銅版画に挑戦」

 11月5日(日曜)、12日(日曜)、19日(日曜)、26日(日曜)
 4回講座
 午後1時から4時30分

詩画集を観る会

 (1) 11月11日(土曜) 午後2時から3時
 (2) 11月30日(木曜) 午後2時から3時
 

託児付き鑑賞会

 11月28日(火曜) 午前10時から11時30分
 

ギャラリートーク

 12月2日(土曜) 午後2時から

主催

川越市立美術館

後援

東京藝術大学、一般社団法人日本版画協会、一般社団法人日本美術家連盟、朝日新聞西埼玉支局、埼玉新聞社、産経新聞さいたま総局、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、毎日新聞埼玉西支局、読売新聞さいたま支局、NHKさいたま放送局、J:COM川越、テレ玉、FM NACK5

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

過去の特別展

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp