このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 川越市立美術館
  2. 特別展
  3. 過去の特別展
  4. ペインティングの現在(2015年度秋)

本文ここから

ペインティングの現在(2015年度秋)

最終更新日:2015年12月24日

ペインティングの現在-4人の平面作品から-

 今まさに最前線で活躍する4名の作家をご紹介します。
 近年注目の若手作家・高橋大輔(1980年生まれ)は、絵具を大胆かつ大量に使用し、物質としての絵具と絵画の関係を模索しながら制作しています。川越出身の荻野僚介(1970年生まれ)は大学で政治経済を学んだのち、画家へと転身を遂げた異色の作家です。筆の跡を一切残さない色面構成を特徴とし、側面まで描き上げるスタイルを確立しています。今回唯一の女性作家であり、水墨で制作を続ける浅見貴子(1964年生まれ)は、樹木のデッサンに基づきつつも、あたかも抽象画を思わるような作品を制作しています。本展で最年長の樺山祐和(1958年生まれ)は、ここ数年森をモティーフにしています。油彩でありながら、まるで日本画を思わせるような雰囲気の漂う作品です。
 本展は、埼玉県西部地域に根差す才能溢れる作家で構成されます。この機会に作家を知り、作品に出会い、現在の平面絵画がどうあるのかを体感してはいかがでしょうか。
  
  
図録はこちら

会期

2015年10月31日(土曜)から12月23日(水曜・祝日) まで

開館時間

午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(11月23日は開館)、11月24日(火曜)

観覧料

一般 500円(400円)
大学生・高校生 250円(200円)
中学生以下 無料
 ( )内は20名以上の団体料金

  • 障害者手帳をお持ちの方と付添者1名 無料
  • 「川越きものの日」にちなみ、8日、18日、28日に着物で来館された方は団体料金
  • 県民の日11月14日(土)、市民の日12月1日(火)および6日(日)は無料


 

1 高橋大輔《無題(ワタシサシガタカハシ》 2012-14年
2 浅見貴子《梅に楓図》 2009年
3 荻野僚介《w364×h257×d20 or w257×h364×d20》 2014年
4 樺山祐和《森にうつるもうひとつの森へ―生まれかわる光咲く日に-》 2012年
 

関連イベント

アーティストトーク&対談

 12月13日(日曜) 午後1時から2時 トーク
          午後2時30分から3時30分 対談
 

Artist Day-アーティストに会おう

 11月8日(日曜) 午後1時から5時 浅見貴子
 11月29日(日曜) 午後1時から5時 樺山祐和
 12月23日(水曜・祝日) 午後1時から5時 荻野僚介、高橋大輔
 

託児付き鑑賞会

 11月25日(水曜) 午前10時から11時30分
 

ワークショップ1 いろいろな色と色色なかたち

 11月14日(土曜) 午前10時から午後12時30分
 

ワークショップ2 ヌードをクロッキーしよう

 11月23日(月曜・祝日) 午前9時30分から午後3時
 

ワークショップ3 点からはじめる子どもの水墨

 11月28日(土曜) 午前10時から午後3時30分
 

ワークショップ4 ポール・セリジェ、マティスあるいは三波伸介

 12月6日(日曜) 午後1時30分から4時

主催

川越市立美術館

協賛

コエドブルワリー

後援

多摩美術大学、東京造形大学、武蔵野美術大学、朝日新聞西埼玉支局、埼玉新聞社、産経新聞さいたま総局、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、毎日新聞埼玉西支局、読売新聞さいたま支局、NHKさいたま放送局、J:COM川越、テレ玉、FM NACK5

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

過去の特別展

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp