このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 川越市立美術館
  2. 特別展
  3. 過去の特別展
  4. たまもの in 川越 モネから草間彌生まで(2014年度冬)

本文ここから

たまもの in 川越 モネから草間彌生まで(2014年度冬)

最終更新日:2015年6月13日

たまもの in 川越 モネから草間彌生まで 埼玉県立近代美術館の逸品大集合!

(左)クロード・モネ《ジヴェルニーの積みわら、夕日》 1888-89年
(中)ピエール=オーギュスト・ルノワール《三人の浴女》 1917-19年
(右)佐伯祐三《門と広告》 1925年
いずれも埼玉県立近代美術館蔵

 埼玉県立近代美術館の3200点を超えるコレクションから、65人の作家による約100点の豪華な作品群が川越の地にやってきます。西洋絵画ではモネから、ルノワール、ピカソ、シャガール、デルヴォーなど、また日本の近代洋画では、岸田劉生(きしだりゅうせい)をはじめ、古賀春江(こがはるえ)、佐伯祐三(さえきゆうぞう)など、そして現代美術に至っては、草間彌生(くさまやよい)、白髪一雄(しらがかずお)、李 禹煥(りうふぁん)らの錚々たる作家の作品が並びます。また、斎藤与里(さいとうより)、森田恒友(もりたつねとも)、田中 保(たなかやすし)、瑛九(えいきゅう)ら、日本の近代美術史を牽引してきた埼玉ゆかりの作家作品や、デュシャンやシーガルなどの海外の優れた現代美術が展示されます。
 これらの作品群は、縁が重なって授かった賜り物としての「たまもの」であり、先の世代の人々が優れた芸術を後世に伝えようした努力の「たまもの」です。これらは埼玉県民の共有財産といえるものです。
 本展は、2013年に埼玉県立近代美術館で開催された「たまもの」展にちなみ「川越版たまもの」展として、コレクションの中でも極めて質の高い国内外の作品を並べた、今までになく豪華な展覧会です。またとないこの機会に、作品への想いを馳せながら鑑賞していただければ幸いです。

会期

2015年1月24日(土曜)から3月15日(日曜)まで

休館日

月曜日

観覧料

一般 500円(400円)
大学生・高校生 250円(200円)
中学生以下 無料

  • ( )内は20名以上の団体料金
  • 障害者手帳をお持ちの方と付添者1名 無料
  • 「川越きものの日」にちなみ8日、18日、28日に着物で来館された方は団体料金

関連イベント

連続講演会1「たまもの in 川越 モネから草間彌生まで」

 2月7日(土曜) 午後2時から
 講師:建畠 晢(たてはたあきら)さん(埼玉県立近代美術館長)
 

連続講演会2「印象派入門 印象派を知る、見る、楽しむ」 

 2月22日(日曜) 午後2時から
 講師:賀川 恭子(かがわきょうこ)さん(ブリヂストン美術館学芸員)
 

連続講演会3「たまものトピックス-瑛九から関根伸夫まで」

 2月28日(土曜) 午後2時から
 講師:梅津 元(うめづげん)さん(埼玉県立近代美術館主任学芸員)
 

アートスクエア「たまもの展でアート・ビンゴ in 川越」

 1月24日(土曜)、25日(日曜) 午前9時から午後4時のあいだ
 

託児付き鑑賞会

 1月30日(金曜)、2月18日(水曜) 午前10時から11時30分
 

対話型鑑賞プログラム研修 

 1月31日(土曜) 午前9時30分から正午
  講師:齊藤佳代(さいとうかよ)さん(武蔵野美術大学通信課程非常勤講師)
 

埼玉県立近代美術館の美術館サポーター(解説ボランティア)による展示案内

 2月1日(日曜)、2月14日(土曜)、3月7日(土曜)(手話付き) いずれも午後2時から
 

ファミリー鑑賞タイム

 2月13日(金曜)、3月5日(木曜) 午前9時から正午

主催

川越市立美術館、埼玉県立近代美術館

助成

一般財団法人 自治総合センター

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

過去の特別展

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp