このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 川越市立美術館
  2. イベント

本文ここから

イベント

最終更新日:2019年10月31日

特別展関連イベント

アーティストトーク

日時:11月16日(土曜)午後2時から午後3時
講師:田中毅(彫刻家・出品作家)
会場:企画展示室
費用:無料(要当日観覧券)
申込:不要(企画展示室入口にお集まりください)

担当学芸員によるギャラリートーク(手話通訳付き)

日時:11月23日(土曜・祝日) 午後2時から午後2時40分
会場:企画展示室
費用:無料(要当日観覧券)
申込:不要(企画展示室入口にお集まりください)

ワークショップ「民芸品の木割り狐をつくってみよう」

日時:11月30日(土曜)午前10時から午後0時30分
内容:丸太状の木を中心から6等分に切り分け、各パーツに形と色を施し、立体パズルのようなものを作ります。
講師:田中毅(彫刻家・出品作家)
会場:創作室
対象:15歳以上
費用:500円
定員:15名(先着)
申込:11月1日(金曜)午前9時から、電話またはFAXにて当館まで

タッチアートコーナー関連イベント

粘土のワークショップ「みいだす と、 いかす」

内容:粘土を押し付けてさまざまな形を写しとり、その形を応用して作品づくりをします。(作った作品は持ち帰れません。)
日時:11月16日(土曜)午後1時から午後4時
講師:塩谷良太(陶作家・出品作家)
対象:4才以上(未就学児は保護者同伴)
会場:創作室
費用:無料
定員:15名(先着)
申込:11月1日(金曜)午前9時から、電話またはFAXにて当館まで

ジュニアアートスクエア/アートスクエア

毎月第4土曜日の午前10時から正午に開催する、アートの体験活動を通して美術の芽を育むプログラムです。
ジュニアアートスクエア:小学生以下の方々が対象です(未就学児は保護者同伴)。
アートスクエア:どなたでも参加できます。

11月のジュニアアートスクエア「ふわふわさんをつくろう」

内容:新聞紙などの紙をつかって、「ふわふわさん」(立体)をつくります。
日時:11月23日(土曜)午前10時から正午
対象:小学生以下(未就学児は保護者同伴)
定員:20名(抽選)
費用:100円
申込:10月25日(金曜)午前9時から11月5日(火曜)までに、電話またはFAXにて当館まで

10月のジュニアアートスクエア「ふしぎな○○」(終了しました)

内容:紙粘土で想像上の生き物を作ります。
日時:10月26日(土曜)午前10時から正午
対象:小学生以下(未就学児は保護者同伴)
定員:20名(抽選)
費用:300円
申込:9月25日(水曜)午前9時から10月5日(土曜)までに、電話またはFAXにて当館まで

9月のジュニアアートスクエア「いろいろ・いい色・すきな色」(終了しました)

内容:色水をつくって、光にすかしたり、並べたりして遊びます。
日時:9月21日(土曜)午前10時から正午
対象:小学生以下(未就学児は保護者同伴)
定員:20名(抽選)
費用:100円
申込:9月5日(水曜)までに、電話またはFAXにて当館まで

そのほかのイベント

常設展第3期鑑賞プログラム「集まって、え・み~る」

内容:学芸員と一緒に展示を鑑賞します
日時

  1. 10月14日(月曜・祝日)(終了しました)
  2. 12月8日(日曜)
    各日とも午後2時から

会場:常設展示室
費用:無料(要観覧券)
申込:不要(直接会場へお越しください)

初めての陶芸「粘土で器をつくろう!」(終了しました)

講師:中村桜(陶芸家)
日程:10月27日(日曜)
時間・内容
 1.午前10時から11時30分は、陶のお菓子皿作り
 2.午後1時30分から3時は、陶の器作り
対象
 1.3歳から8歳までのこどもと保護者
 2.9歳以上
費用:各1,000円
定員:各16名(先着)
申込:10月6日(日曜)午前9時から、電話またはFAXにて当館まで

彩の国教育週間「図工・美術わくわくフェスタ」

内容

  1. 小中学生の立体作品を館内に展示
  2. 市内小中学生によるインスタレーションと展示
  3. 誰でも参加できるワークショップ(11月2日から4日)

日時:11月2日(土曜)から6日(水曜) 午前9時30分(初日は午前11時)から午後4時30分
会場:アートホールおよび市民ギャラリー他
費用:無料
申込:不要

「金沢健一+一ノ瀬響 彫刻/音楽 抽象の方法論」

市内にアトリエを構える彫刻家・金沢健一(1956- )と、作曲家・一ノ瀬響(いちのせきょう)による、抽象彫刻が音に、音楽が造形作品に置き換えられたコラボ-レーション作品を展示。ワークショップやトークをとおして難しいと思われがちな「抽象」の捉え方を提示します。

会期:11月12日(水曜)から11月27日(水曜) 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場:アートホール
主催:金沢健一
共催:川越市立美術館
費用:無料

ワークショップ「抽象の方法論 -抽象彫刻をどのように捉えるか」

内容:規則や法則による、または偶然性による造形を、紙や鉄線などで制作します。
日時:11月17日(日曜) 午前10時から午後4時
講師:金沢健一
対象・定員:18歳以上・10名(先着)
費用:300円
申込:11月1日(金曜)午前9時から、電話またはFAXにて当館まで

アーティスト・トーク

内容:これまでのコラボレーション作品の紹介と制作コンセプトなどを語ります。
出演:金沢健一、一ノ瀬響
日時:11月24日(日曜) 午後2時から午後4時
費用:無料
申込:不要(当日直接アートホールへ)

チラシのダウンロード

長澤英俊刊行会講演会「現代美術家 長澤英俊を語る」

内容:イタリアを拠点に活躍し、昨年ミラノにて亡くなった彫刻家・長澤英俊について、県立川越高校時代の同級生の目線から語ります。映像、茶談会あり。
日時:12月1日(日曜) 午後2時から午後4時
講師:尾崎勝美
会場:アートホール
費用:無料
申込:不要
主催:長澤英俊刊行会
共催:川越市立美術館

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp