このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

本文ここから

イベント

最終更新日:2018年11月15日

特別展関連イベント

乙女デザイン―大正イマジュリィの世界―

講演会「それぞれの時代を映した川越の街並みとアート」(終了しました)

日時:10月14日(日曜) 午後2時から午後3時30分
講師:加藤忠正氏(公益社団法人 小江戸川越観光協会専務理事)
会場:アートホール
定員:80名(先着)
費用:無料
申込:9月14日(金曜)午前9時から、電話またはFAXにて当館まで

ミュージアムコンサート(終了しました)

日時:10月27日(土曜) 午後2時から午後3時
演奏:浅葉裕文スウィンギンギターデュオ
   浅葉裕文氏(ギター)、新井健太郎氏(ウッドベース)
会場:アートホール
費用:無料
定員:80名(先着)
申込:10月2日(火曜)午前9時から、電話またはFAXにて当館まで

特別ギャラリートーク(終了しました)

日時:11月11日(日曜) 午後2時から午後3時
講師:山田俊幸氏(本展監修者・元帝塚山学院大学教授)
   永山多貴子氏(郡山市立美術館学芸員・大正イマジュリィ学会会員)
会場:企画展示室
費用:無料(要当日観覧券)
申込:不要(直接会場へお越しください)

担当学芸員による展示解説

日時:(1)11月3日(土曜・祝日) 午後2時から午後2時45分(終了しました)
   (2)11月18日(日曜)   午後2時から午後2時45分
    注記:(2)は手話通訳付き
会場:企画展示室
費用:無料(要当日観覧券)
申込:不要(直接会場へお越しください)

生誕100年 歿後20年 相原求一朗の軌跡 ―大地への挑戦―

講演会「相原求一朗と戦後日本の油彩画の動向」

日時:1月13日(日曜) 午後2時から(1時間半程度)
講師:土方明司氏(平塚市美術館館長代理)
会場:アートホール
費用:無料
定員:60名(先着)
申込:12月4日(火曜)午前9時から、電話またはFAXにて当館まで

インタビュー「素顔の相原求一朗に迫る」

日時:2月9日(土曜) 午後2時から(1時間程度)
話し手:石黒誠氏(相原求一朗秘書)
聞き手:当館学芸員
会場:アートホール
費用:無料
定員:60名(先着)
申込:1月4日(金曜)午前9時から、電話またはFAXにて当館まで

担当学芸員による展示解説

日時:(1)12月5日(火曜) 
   (2)12月15日(土曜)
   (3)1月20日(日曜)
   (4)2月5日(火曜)
   (5)2月23日(土曜)
   (6)3月17日(日曜)
    各日とも午後2時から(40分程度)
    注記:(2)(6)は手話通訳付き
会場:企画展示室
費用:無料(要当日観覧券)
申込:不要(直接会場へお越しください)

タッチアートコーナー関連イベント

ワークショップ「けずって作ろう、私のかたち」 (終了しました)

内容:発泡スチロールをけずり、最後に色を塗って、彫刻作りを体験します。
日時:9月29日(土曜) 午後1時30分から午後4時
講師:石上城行氏(タッチアートコーナー出品作家:9月20日から)
対象:どなたでも
定員:18名(先着)
費用:300円
申込:9月1日(土曜)午前9時から、電話またはFAXにて当館まで

ジュニアアートスクエア/アートスクエア

毎月第4土曜日の午前10時から正午に開催する、アートの体験活動を通して美術の芽を育むプログラムです。
ジュニアアートスクエア……小学生以下の方々が対象です(未就学児は保護者同伴)。
アートスクエア……どなたでも参加できます。

12月のジュニアアートスクエア「からくりクリスマス」

内容:からくりの仕掛けを生かして、動かして遊べる飾りをつくります。
日時:12月22日(土曜) 午前10時から正午 
対象:小学生以上(1・2年生は保護者同伴)
定員:20名(抽選)
費用:300円
申込:12月5日(水曜)までに、電話またはFAXにて当館まで

11月のジュニアアートスクエア「コンテとマスキングテープで表そう」

内容:ぼかし網で削ったコンテの粉とマスキングテープを使ってお絵かきを楽しみます。
日時:11月24日(土曜)  午前10時から正午
対象:小学生以下(未就学児は保護者同伴)
定員:20名(抽選)
費用:100円
申込:11月6日(火曜)までに、電話またはFAXにて当館まで

10月のジュニアアートスクエア「ぺたぺたスタンプであそぼう」(終了しました)

内容:身近なものを使ってスタンプし、思いを広げて、楽しく表します。
日時:10月27日(土曜) 午前10時から正午 
対象:小学生以下(未就学児は保護者同伴)
定員:20名(抽選)
費用:100円
申込:10月5日(金曜)までに、電話またはFAXにて当館まで

そのほかのイベント

常設展第3期鑑賞プログラム「集まって、え・み~る」

内容:学芸員と一緒に展示を鑑賞します
日時:10月28日(日曜)(終了しました)
   12月9日(日曜) 各日とも午後2時から
会場:常設展示室
費用:無料(要観覧券)
申込:不要(直接会場へお越しください)

Vibratile Shape 2018 共振域-Still Life モートン・フェルドマンの音楽をめぐって」

市内にアトリエを構える彫刻家・金沢健一(1956- )による、鉄板にスピーカーから音楽を流すことで上に乗ったモティーフが共振して音をたてるサウンドインスタレーションを展示します。

会期:11月13日(火曜)から11月25日(日曜) 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場:アートホール
主催:金沢健一
共催:川越市立美術館
費用:無料
 

ワークショップ「振動という現象 ―クラドニ図形から絵画へ」

内容:円や正方形の鉄板を使い、クラドニ図形(モノが振動する際の動きが可視化されたもの)をつくります。さらに不定形の鉄板によるクラドニ図形を応用した絵画制作を試みます。
日時:11月17日(土曜) 午前10時から午後4時
講師:金沢健一
対象:各回小学5年生以上・10名(先着)
費用:2,000円
申込:11月1日(木曜)午前9時から、電話・FAXにて当館まで

パフォーマンス「振動というできごと」

内容:鉄板の振動といろいろな素材や日常品の接触から得られる音や視覚的な現象を探るパフォーマンス。
日時:11月25日(日曜) 午前3時から午後4時
出演:金沢健一、浦裕幸(音楽家)
会場:アートホール
費用:無料
申込:不要(直接会場へお越しください)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp