このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

本文ここから

タッチアートコーナー(過去の展示) 平成25年度

最終更新日:2015年1月3日

樋口恭一展

 3月27日(水曜)から6月16日(日曜)

 樋口恭一(1959- )は、鶴ヶ島在住の石彫家。1995年に石の掘り出し場で割られた石の美しさに見出されて以来、石が「うまれて」きたような作品をめざす作家の、近年の仕事をご紹介します。

 樋口恭一 《遠い日 第2番》 2011年

関連イベント

 5月19日(日曜) 午前10時から午後1時
 ワークショップ「石を描こう」

スサイタカコ展 Poetic eerie

 6月25日(火曜)から9月23日(月曜・祝日)

 布や革などの素材を使った立体作品が空間を彩ります。すべての作品に触れて体感することができます。

 スサイタカコ 《モケモヶコタツビヨリ》 2013年

関連イベント

 6月29日(土曜) 午前10時から正午/午後2時から4時
 ワークショップ
 「セカイにヒトツの愉快なニンギョウをつくろう!!」
 (アートスクエアとリンク)

所蔵品から -素材と題材、見て触れて近くなる-

 9月26日(木曜)から12月23日(月曜・祝日)

 当館収蔵品から、橋本次郎、建畠覚造、関根伸夫、鈴木英明、田中毅、宮沢光造の、選りすぐった彫刻の優品を紹介。

 鈴木英明 《最初の空地》 2006年

関連イベント

 12月8日(日曜) 午後1時30分から3時30分
 ワークショップ
 「新彫刻鑑賞法! てのひらでみる彫刻」

戸田裕介展 触れる壮観/spec・tactile

 1月5日(日曜)から3月23日(日曜)

 協賛:武蔵野美術大学

 狭山市在住の彫刻家・戸田裕介(1962- )の壮観な造形作品を紹介。
 展覧会名の「spec・tactile」は、ラテン語「見るもの」を語源とするspectacleと「触れる」を語源とするtactileを合わせた、戸田による造語です。

 戸田裕介《A Cloud-そして希望だけが残った》 2010年
 撮影:下瀬信雄(宇部市ときわミュージアム提供)

関連イベント

 3月2日(日曜) 午前10時から午後3時45分
 ワークショップ
 「形の不思議『単純な形のくりかえしで作ってみよう』」

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp