このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

本文ここから

小茂田青樹 《豊穣》

最終更新日:2015年1月3日

豊穣

 1930年(昭和5)頃
 絹本着色 41.6cm×56.7cm

川越ゆかりの代表的な日本画家・小茂田青樹は、明治24年(1891)に現在の川越市幸町の商家に生まれた。旧姓は小島といい、のちに叔父・小茂田家の養子となった。明治41年(1907)画家を志して東京の松本楓湖(まつもとふうこ)の安雅堂(あんがどう)画塾に入門、同日入門の速水御舟(はやみぎょしゅう)とは終生のライバルとなった。大正3年(1914)同門の今村紫紅(いまむらしこう)がリーダーとなった赤曜会(せきようかい)に参加し、翌年より日本美術院の展覧会に出品をはじめ、大正10年(1921)には日本美術院同人となった。昭和5年(1930)からは帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)で教べんをとった。

≪豊穣≫は、昭和5年(1930)頃、青樹晩年の作品と考えられる。実りの季節、稲刈りを間近に控えた稲田を描いている。穂をたれた稲の緻密な描写には驚かされるが、右下の小さな青い一体の案山子が画面に変化を与え、この作品をより趣のあるものにしている。

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp