このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 川越市立美術館
  2. コレクション
  3. 主な所蔵作品
  4. 小村雪岱 《おせん(薄)》

本文ここから

小村雪岱 《おせん(薄)》

最終更新日:2015年1月3日

 1941年(昭和16)頃
 紙、木版 26.2cm×39.2cm

 すすきの間を行くおせん。笠森稲荷(現・台東区)の水茶屋「鍵谷」の看板娘おせんは、江戸の三美女の一人として知られていた。おせんの足元では、着物がひらひらと動き、足取りの軽やかさとともに女性らしさが伝わってくる。
雪岱は、昭和9(1934)年に邦枝完二が朝日新聞に連載した『おせん』の挿絵を担当し、挿絵画家としての人気を決定的にした。本作品は、その挿絵の1図を雪岱自身がアレンジして、昭和12年の第1回国画院同人展に出品した日本画を原画とした木版画で、雪岱の没後に版行された。

 小村雪岱は明治20(1887)年、現在の川越市郭町に生まれた。明治37(1904)年に東京美術学校に入学し、下村観山(しもむらかんざん)の指導を受ける。泉鏡花(いずみきょうか)作品の装丁により人気を博し、後に松岡映丘(まつおかえいきゅう)に師事して絵巻物の模写、さらに舞台美術を手がけるなど、マルチな才能を花開かせた。挿絵画家としては、この作品に見られるような繊細流麗な線描、黒白の対比を生かしたシンプルな独自の様式を確立した。

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp