このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 川越市立美術館
  2. コレクション
  3. 主な所蔵作品
  4. 小泉智英 《竹林四季》

本文ここから

小泉智英 《竹林四季》

最終更新日:2015年8月23日

制作年  1990年(平成2年)(右隻)、1991年(平成3年)(左隻)
素材  紙本彩色
寸法  各180.0cm×360.0cm
初出展覧会  第5回晴々会展(1990年)(右隻)、第6回晴々会展(1991年)(左隻)

 竹林の四季を4曲1双の屏風に描きだす。右側の1隻に春(竹霞)と夏(竹洩れ日)を、左側の1隻に秋(竹時雨)と冬(竹雪譜)を描く。春の竹は風にそよぎ、右端をみると霞が描かれている。また筍もあちらこちらに見受けられ、春本番をうかがわせる。夏の竹は春よりも色濃くなり、またたくましい。筍もすっかり成長して大きくなっている。斜面にはえた秋の竹林は時雨のためにかすんでいる。また竹の間には紅葉した小木が描かれおり、秋の気配を高める。冬の竹林には雪が降り、地面だけでなく竹の葉や節にも雪がある。
 竹は吉祥をあらわすこところから、日本でも古くから描かれている主題である。そしてその四季を描き出すことは、水墨画をはじめしばしばなされている。小泉智英のこの作品は古くからあるこのテーマを、色彩をもって現代的に描き出そうとしたものである。

(「アート情報」(館内閲覧システム)2002年公開 より)

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp