このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 川越市立美術館
  2. コレクション
  3. 主な所蔵作品
  4. 小泉智英 《川越の春》

本文ここから

小泉智英 《川越の春》

最終更新日:2015年1月3日

川越の春

 2004年(平成16)
 紙本彩色 112.0cm×162.0cm

 川越市内を流れる新河岸川。そこには春本番を迎えた桜の花が咲きほこっている。福島県石川町に生まれた小泉智英は多摩美術大学で日本画を加山又造、横山操に師事した。1969年に同大大学院を修了すると個展や各種展覧会で活躍し現在は無所属。1976年には川越に居を移し制作している。

 本作品では新河岸川の両岸に川を覆うように桜が咲き、奥には堰が見え、淡い色の桜がなんとも優しく感じられる。またその桜は川面にも映り込んでいる。年月を経た桜の幹に対し、岸の緑はまだ若く、時間とともに益々色濃くなっていくのを予感させる。描かれた場所は当館から程近い場所で、実景は描かれた景色とは少し異なっている。それは堰の向きであるが、興味のある方はぜひ一度現地まで。

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp