このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度食品中の放射性物質の検査結果について

最終更新日:2017年9月8日

川越市内に流通していた食品について、放射性物質の検査を実施し、その結果について公表しています。

水産物について

 検査機関:川越市保健所衛生検査課
 検査機器:Ge(ゲルマニウム)半導体検出器
 食品衛生法の基準値(一般食品):放射性セシウム(合計として) 1キログラム当たり100ベクレル

採取日 結果判明日
産地 品名 検査結果(1キログラム当たりのベクレル数)
セシウム134 セシウム137 セシウム

8月28日

9月1日

流通品 岩手県 イナダ

<5.60
(検出限界値)

<5.77
(検出限界値)

<11

7月24日

7月31日

流通品

宮城県

カキ

<5.01
(検出限界値)

<5.52
(検出限界値)

<11

6月26日

7月3日

流通品

北海道

イワシ

<4.57
(検出限界値)

<5.36
(検出限界値)

<9.9

5月29日

6月2日

流通品

千葉県

アジ

<5.15
(検出限界値)

<4.90
(検出限界値)

<10

4月24日 5月2日 流通品 北海道 マガレイ

<4.49
(検出限界値)

<5.69
(検出限界値)

<10

基準値(一般食品)

100

注記1:「<◯.◯◯」とは、検査機器で測定できる検出限界値未満であることを示します。

注記2:セシウム134とセシウム137の個別の定量値については、参考値(有効数字3桁)として記載しています。
注記3:セシウムの値は上位から3桁目を四捨五入したもの(有効数字2桁)です。
(平成24年3月15日付食安発0315第4号厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知)

加工食品について

 検査機関:川越市保健所衛生検査課
 検査機器:Ge(ゲルマニウム)半導体検出器
 食品衛生法の基準値(一般食品):放射性セシウム(合計として) 1キログラム当たり100ベクレル

採取日 結果判明日 製造者/販売者等 左記の所在地 品名 検査結果(1キログラム当たりのベクレル数)
セシウム134 セシウム137 セシウム
9月4日 9月8日

製造者

埼玉県

納豆

<4.78
(検出限界値)

<4.76
(検出限界値)

<9.5

8月7日

8月14日

製造者

埼玉県

清酒

<5.12
(検出限界値)

<5.80
(検出限界値)

<11

7月3日

7月7日

製造者

埼玉県

菓子

<4.74
(検出限界値)

<3.92
(検出限界値)

<8.7

6月5日

6月9日

製造者

埼玉県

油菓子

<5.27
(検出限界値)

<5.69
(検出限界値)

<11

5月8日

5月15日

製造者 埼玉県 漬物

<4.81
(検出限界値)

<4.97
(検出限界値)

<9.8

4月10日

4月17日

製造者

埼玉県

そうざい

<5.11
(検出限界値)

<4.98
(検出限界値)

<10

基準値(一般食品) 100

注記1:「<◯.◯◯」とは、検査機器で測定できる検出限界値未満であることを示します。

注記2:セシウム134とセシウム137の個別の定量値については、参考値(有効数字3桁)として記載しています。
注記3:セシウムの値は上位から3桁目を四捨五入したもの(有効数字2桁)です。
(平成24年3月15日付食安発0315第4号厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知)

また、厚生労働省のホームページでは、各自治体で行っている食品中の放射性物質の検査について取りまとめております。

お問い合わせ

保健医療部 食品・環境衛生課 食品衛生担当(川越市保健所内)
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-227-5103(直通)
ファクス:049-224-2261

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る